Googleロゴ「アントニ・ガウディ」

2013.06.25

アントニ ガウディ 生誕 161 周年

6月25日はスペインの建築家、アントニ・ガウディの誕生日。Googleロゴもアントニ・ガウディになっていました。

1852年6月25日、スペインのカタルーニャ・タラゴナで銅板器具職人の父フランセスク・ガウディ・イ・セラと母アントニア・コルネットとの間に、5人兄弟の末っ子として生まれたアントニ・ガウディ(Antoni Gaudí)。
 
11歳のときにピアリスト修道会の学校に入学。この学校でエドゥアルド・トダ・イ・グエル(外交官・エジプト学者)、ホセ・リベラ・イ・サンス(外科医)と出会い、友情を育みました。

 
21歳のときにバルセロナ建築学校に進学。学業の傍ら、建築設計事務所で働き、バルセロナ・シウタデラ公園やモンセラートの修道院の装飾に関わっています。

 
卒業式の時に当時の校長で建築家のアリアス・ルジェンがこう言ったのだとか。

今日卒業した諸君らの中に稀にみる才能を持つものがいる。しかし、それが天才なのか気違いなのか、いずれ時が解決するでしょう

 
26歳のときに建築士の資格を習得。同年、万国博覧会に出品する手袋屋のショーケースのデザインを手がけ、これを見た大富豪エウゼビ・グエイに見初められ、以後40年の長きに渡ってサポートしてもらうこととなりました。
 
サグラダ・ファミリアの専任建築家になったのは31歳のとき。以降、宗教関連の建築物を中心に数多くの建築物を設計しています。

 

Googleロゴは彼の建築物がモチーフ。彼の代表作、カサ・ミラやカサ・バトリョなどが描かれたロゴになっていました。

アントニ・ガウディ:カサ・ミラ
カサ・ミラ(Casa Milà 1905-1907)

関連してるかもしれない記事

Pocket