Googleロゴ「レンブラント・ファン・レイン」

2013.07.15

レンブラント ファン レイン 生誕 407 周年

7月15日はオランダの画家、レンブラント・ファン・レインの誕生日。Googleロゴもレンブラント・ファン・レインになっていました。

1606年7月15日、オランダ・ライデンで製粉業者の9番目(8番目という説も)の子どもとして生まれたレンブラント・ハルメンス・ファン・レイン(Rembrandt Harmenszoon van Rijn)。

7歳でラテン語学校に入学、14歳で飛び級でライデン大学に入学したもの、学業に興味を持てず、絵画の道へ。地元の画家に3年間学んだ後、18歳で当時オランダで最高の歴史画家と言われたピーテル・ラストマンに師事しました。

 
19歳で制作したのが「聖ステバノの石打(The Stoning of Saint Stephen)」。次第に名声を集め、22歳のころには弟子を指導するようになっていきました。

このころの彼が残した言葉にこんなものが残っています。

Practice what you know, and it will help to make clear what now you do not know.
知識は実践せよ。さすれば知らぬ事、学ばねばならぬ事が自明になる

 

25歳でアムステルダムへ。彼の代表作でもある「テュルプ博士の解剖学講義(The Anatomy Lesson of Dr. Nicolaes Tulp)」を制作したのはその翌年のことでした。
 

左:聖ステバノの石打(1625)、右:テュルプ博士の解剖学講義(1632)

 
その後も積極的に創作活動を続け、63歳で亡くなるまでに、600枚の油絵、400枚のエッチング(銅版画)、2,000枚のドローイングを残しています。

 
Googleロゴはそんな彼が好んで描いた自画像がモチーフ。
Googleの文字がエッチングされた銅板に53歳のときに描いた「襟を立てベレー帽を被っている自画像(Self-portrait with Beret and Turned up Collar)」が組み合わされたロゴになっていました。

Rembrandt : Self Portrait
左から22歳、23歳、24歳、28歳

 
Rembrandt : Self Portrait
左から28歳、30歳、37歳、48歳

 
Rembrandt : Self Portrait
左から53歳、53歳、55歳、63歳

関連してるかもしれない記事

Pocket