Googleロゴ「レオン・フーコー」

2013.09.18

レオン フーコー 生誕 194 周年

9月18日はフランスの物理学者、レオン・フーコーの誕生日。Googleロゴもレオン・フーコーになっていました。

1819年9月18日出版業者の息子としてフランス・パリ生まれたジャン・ベルナール・レオン・フーコー(Jean Bernard Léon Foucault)。

病弱で内気だったため、自宅で模型を作ることに没頭。10代のころには実際に動く小さな蒸気機関を作り上げる腕前だったとか。
20歳でパリの医学校に進学。医者を志しますが、血を見ると気分が悪くなってしまうために断念。目をかけてくれた顕微鏡学のアルフレッド・ドネの実験助手として顕微鏡による研究をはじめました。

 
26歳のときに、フランスの新聞「ジュールナル・デ・デバ」の科学担当編集者に。科学アカデミーの多くの研究者たちと出会い、その中の1人、フランソワ・アラゴから光の速さを測定することを持ちかけられ、長年の友人、アルマン・フィゾーと共にこの研究に取り組んでいます。
※その後2人の意見は分かれて決別。フィゾーのほうが先に光の速さの測定に成功しています。

 

フーコーが有名な振り子の実験に成功したのは31歳の冬、1月6日午前2時のこと。振り子の振動面が徐々にずれていき、地球が自転していることを目に見える形で証明することに成功。1月8日にはパリのパンテオンで公開実験を行っています。

フーコーの振り子が一周するの必要な時間についての式は以下の通り

1周に必要な時間(日) = 1日/sinθ(θは振り子の場所の緯度)

 

Googleロゴはレオン・フーコーの実験したフーコーの振り子がモチーフ。ゆっくりと振動面を回転させながら、棒を倒していく動画になっていて、右下にある時計で時間を、地球のマークで緯度を変更できるようになっていました。


Gifアニメなので回転はしませんが、こんな雰囲気でしたよ。

関連してるかもしれない記事

Pocket