子ども部屋をつくる1:無印の収納ケースとアイリスオーヤマのカラーボックスを組み合わせる

2014.08.04

アイリスオーヤマのカラーボックス

息子が小学5年になったので、そろそろ自分の部屋を用意してあげたい。

とはいってもスペースに限りあるマンション住まいのわが家。現在家族4人で「iIiI」の字になって寝ている8畳ぐらい(11.66平米)の寝室を区切って子ども部屋にすることにしました。

 

8畳を区切って子ども部屋に

左右で真っ二つに分けて、息子用、娘用にする予定。

 

8畳を区切って子ども部屋に

今回作業したのは、引っ越してきた時に取り付けた収納棚の下部分。もともと収納ボックスをたくさん入れて家族全員の衣類をしまってあったのですが、ここにカラーボックスでちょっとした収納棚と衣類を入れる場所を作ります。

 

カラーボックスの上に収納ボックスを

アイリスオーヤマの「カラーボックス」の上に無印の「ポリプロピレンケース」を載せられるように、カラーボックスの上に板を両面テープで貼り付けていきます。板の感覚は収納ケースのツメに引っかかるようにしてあります。ネット限定のホワイトグレーはカラーボックスにピッタリ。

 

カラーボックスをつなげる

ホームセンターで買ってきたL字金具でカラーボックスを繋いだり、カラーボックスと収納ケースのサイズを揃えるスペーサーを作ったり。。

 

カラーボックスと収納ケース

カラーボックスを4列、収納ケースを6列×2を組み上げたところ。8cmほど余ってしまったので、左で揃えて右側に何か薄いケースのようなものを作ろうかなとも思うのですが、それ以前にアイリスオーヤマのカラーボックスの精度はあまり高くないのが悩みどころ。同じものを4つ作って並べたら結構高さがマチマチで、上に載せる収納ボックスがガタガタしてしまいました。ずれやすいようなので、カラーボックスは諦めて棚を自作しようかと悩み中。このへんは急がないので、ゆっくり考えたいと思っています。

関連してるかもしれない記事

Pocket