Ingress(イングレス) で歩き続けて Level 10 になりました

2014.10.09

Ingress

iOS版「Ingress」がリリースされてから約3ヶ月。

Ingress LEVEL 10

ひたすら歩き続けてエージェントレベルが10になりました。

 
はじめてすぐにブログに書いた[Link]ぐらいなので、ある程度の予感はあったにせよ、こんなにもこのゲームにはまるとは思わず、ちょっとびっくり。このゲームの何が私を惹きつけてやまないのか。最近はそんなことをよく考えるのですが、その答えが見つかるのはずいぶん先になりそうな気がしています。

 
せっかく Level 10 になったので、ここまでのいろいろをメモ代わりにまとめておきます。

 

私の中のいくつかルールについて
このゲームを始めた時に3つのマイルールを作りました。

 
1)自転車には乗らず、歩く
基本的に運動不足解消を目的にしたいので、メインは運動、ゲームはそのモチベーションを維持するためのものと考えるようにしました。自転車にマウントをつけてさーっと駆け抜けていくエージェントがちょっと羨ましいと思ったりもしますがそこはぐっとこらえ、仕事場までの南北東西各2キロの正方形の中をできるだけたくさんのポータルを通り抜けながら歩き続けています。

 
2)家族が一緒に出かけているときはやらない
もともと家族と一緒の時は写真を撮る以外でスマートフォンを出すことはしないのですが、このゲームでも家族と一緒のときにはやらないことにしています。そのうち家族で山登りに行ったときは山頂でやりたくなるかもしれませんが、その時は例外扱いで。

 
3)ゲームのためだけに出かけない
ゲームをするのは家と仕事場の往復の範囲内が基本。時々銀行やスーパーに行くついでなんていうこともありますが、そのためだけに外出はしないようにしています。
ただ、ゲームの中の実績メダルに「Explorer」や「Pioneer」という新しい場所にいった実績が必要になるものがあって、Ingressをやるために別の街に行くというのをやりたいなぁと思うようになりました。12月には東京で大きなイベントも開かれるようですし、たまにならゲームのために出かけてもいいかなと思いはじめています。

 

Level 10 までの記録
 
7月12日:Level 1
Ingressをダウンロードしたのはリリース当日。ちょっとづつ手探りではじめました。
 
7月19日:Level 2
何も考えずにGoogleアカウント名で始めちゃったことに恐怖を覚え名前の変更を申請したのがこのあたり。リチャージしたときにもらえる10APが嬉しくてレゾネーター1本づつ律儀にリチャージする日々でした。
 
7月26日:Level 3
歩くのにも慣れ、ちょっと遠回りしたりしながらゲームにはまっていったころです。レゾネーターを設置するのにポータルの周りをぐるっと回って1本づつ挿していたのは今となってはいい思い出(笑
 
8月11日:Level 4
リンクって自分がレゾネーターを挿してないポータルからでも張れるんだ!と今さら気がつく私がいました。そろそろちゃんと説明を読もうと思ったのはこのころ。
 
8月20日:Level 5
どんどん歩く距離が伸びてきました。歩くのが苦にならなくなったので意識してセーブしないと何時間でも歩いてそうで怖くなりました。
 
8月27日:Level 6
武器が強くなって敵ポータルがある程度思いのままに。巨大な敵のコントロールフィールドの中心ポータルまで行ってバスターを連発し、パッと霧が晴れたように黒くなるのが大好きです。
 
9月2日:Level 7
Google+のコミュニティに参加。自分のエリアのハングアウトに入ってみました。そこには今までポータルで見ていた名前の人がいっぱいいて不思議な感じ。はじめて仲間のエージェントとポータルで出会ったのもこのころでした。
 
9月19日:Level 8
ここまでが第2のチュートリアルとも言われていて個人的にはここで第一部完。このゲームとは長いつきあいになるので気長にやろうと思うようになりました。
 
10月1日:Level 9
メダルは「Recharger」が金、「Connector」「Mind Controller」「Guardian」が銀になってLEVEL 9に。仕事の帰りにちょっと遠回りしてフラッシュファーミングに参加してみました。
 
10月9日:Level 10!
メダルは「Recharger」「Guardian」が金、「Connector」「Mind Controller」「Pioneer」が銀。次が果てしなく遠いので個人的にはここで第二部完。LEVEL 11になれるのは来年だと思います。

 

20年近く前にマリオ64で箱庭を自在に歩けるようになったときにゲームはここまできたかぁと思ったものでしたが、このIngressもリアルとゲームの融合という意味でゲームはここまできたかぁと思えるゲームですね。iPhone 6 Plus を買ったばっかりですが、次に買うスマートフォンは Android にしたい!と思うぐらいこのゲームが大好きです。

関連してるかもしれない記事

Pocket