8畳の寝室を2つに区切って子ども部屋をつくった話

2014.11.21

子ども部屋(勉強机+椅子)

細かく分けて書いてきた子ども部屋をつくった話もいよいよ最後のまとめです。

息子が小学5年、娘が小学1年になったのを機に、家族4人で「iIiI」の字になって寝ていた8畳ぐらい(11.66平米)の寝室を区切って子ども部屋にすることにしました。

 
子ども部屋を2つにわける

机や棚を入れて部屋を二つに。収納面積の多い左側が娘、右側が息子用です。

 

1:無印の収納ケースとアイリスオーヤマのカラーボックスを組み合わせる[Link]

カラーボックスと収納ケース
木棚板専用ブラケットで作った棚

いったんはカラーボックスを組み合わせた(写真上)のですが、無印の収納ケースがすべってしまって安定しなかったので、最終的には板を買ってきて木棚板専用ブラケット(ロイヤルAAシステム)をつかって固定することにしました。

 

2:IKEAで子ども部屋の家具を買う。総重量はなんと367キロ![Link]

ora140808_kidsroom_nimotu2

IKEAで総額18万1031円のお買い物。

 

3:IKEAの机「MICKE」と椅子「JULES」を組み立てる[Link]

MICKE

作るのが一番めんどくさかったのがこの机。部品点数の多さに圧倒されました。

 

4:間仕切り用にIKEAの棚「PAX」を組み立てる[Link]

PAX

裏側のベニアを止めるために1つあたり40本のクギを打つのが結構苦行(笑)。棚4つ分合計で160本のクギをひたすら打ち続けました。

 

5:IKEAのベッド「TARVA」を組み立てる[Link]

TARVA

これだけいろいろ作ってくると作る場所や置いておく場所を確保するのに苦労します。

 

6:勉強机の横にルミナスのメタルラックを設置

ルミナスライトホームラック

息子と娘の勉強机の間にルミナスライトホームラック幅50(5段:幅49.5×奥行34.5×高さ151.5cm)とそれぞれの机の脇に無印良品のゴミ箱を設置。

 

7:IKEAの棚「PAX」の裏面をペンキで塗る

「PAX」の裏面をペンキで塗る
「PAX」の裏面をペンキで塗る

裏面がベニアむき出しな「PAX」の裏面に下地剤を塗ってから、白いペンキでグイグイと塗っていきました。真っ白!

 

8:完成!

8畳の寝室を2つに区切って子ども部屋をつくった話
ビフォー:家族4人で「iIiI」で寝てた頃はこんな感じ(右の収納ボックスは移動中)。

 
8畳の寝室を2つに区切って子ども部屋をつくった話
アフター:左側が娘、右側が息子用。ライトは山田照明のZ-1000です。

 

息子はベットに寝転がって本を読むのが楽しいらしくご満悦。娘にはちょっと早いかなと思っていましたが、割とあっさりひとりで寝るようになりました。

関連してるかもしれない記事

Pocket