任天堂の陣取りゲーム「スプラトゥーン」を Ingress で説明してみる

2015.06.02

スプラトゥーン

仕事場と家の往復で Ingress 。お家に帰ってスプラトゥーン。

ここ数日そんな感じで遊んでいたら脳内でいい感じに Ingress とスプラトゥーンが混ざってきました。路地裏をポータル目指して歩いていると、ここは壁も塗っておくと戻るときに良さそうだなとか思ったり思わなかったり(笑)。そんなわけでスプラトゥーンの面白さについて Ingress を混ぜながら書いてみました。

 

地面を自分のチーム色に塗りまくる陣取りゲーム!

自分のチームの色のインクを地面に塗って自分の陣地を広げていくのがスプラトゥーンの「ナワバリバトル」。俯瞰図はまさに Ingress の Intel Map です。

 
スプラトゥーン

 
ファームをつぶしにいくように、敵が有利に動ける敵色エリアに単身乗り込み補給路を断って動きを制限するのもいいし、誰もこない場所でこつこつとCFを作るように、塗り残しをせっせと塗ってもいいのがこのバトルの特徴。

CFを作っていたら、どこかから弾が飛んできて壊されたりするように、いきなりインクの固まりが降ってきたりします。そんなときは、自分の色のインクの中に隠れて、こっそり後ろから忍び寄ってインクをぶちまけてみたりするのもいいし、相手のこないところまでインクに隠れて退却してもいいですね。相手がCFを作れないようにバスターで応戦してワンコに持ち込むのか、それともちょっと戦線を離脱して、別の場所でのんびりCFを作るかみたいな感じ。遊び方はそれぞれです。

 
Ingress だと今日はどの道を通って仕事場に行こうかなと朝 Intel Map を見て考えてみたり、帰る前にIITCで今日は誰がどこでやってるかとなんとなくチェックして味方とぶつからないところを選んで帰るのですが、スプラトゥーンはそんな感じもよく似ています。

 

スプラトゥーン

 
バトル画面がはじまったところで味方と敵の武器を簡単にチェックして、自分の役割を考え、最初の分かれ道でみんなの動きを見ながら、じゃあ私はこっちの誰もこない道を塗りつぶしてから行こうかなとか、なんとなくそれぞれがお互いの動きを見ながら空気を読んで連携するわけです。一面敵色だったそのあたり一帯がゆるい連携で自分のチーム色に染め上げられていく様は Ingress でもスプラトゥーンでも爽快です。

ナワバリバトルの勝敗は3分間の戦いが終わった時点での色の面積差で決まります。Ingress だと5時間ごとにくるチェックポイントみたいな感じですね。

 

まるでXMアノマリーのようなガチバトル!

ランク10になると開放されるガチバトル。
決められた狭いエリアを一定時間制圧したら勝ちというルールは Ingress の 公式イベント・XMアノマリーを彷彿とさせます。

ガチエリアを全面塗り終えて確保したら、あとはひたすらAXAを入れてレゾを挿してポータルをキープするように、周辺からの攻撃を防ぐだけ。ちょっと気を抜くと相手にガチエリアを確保されてしまうので、防衛の手を緩めず侵入してくる敵を撃退しつづけることが大切です。

ガチバトルは100カウントキープするか、3分間の戦い終了時点でキープした時間が長かったほうが勝ちとなります。

 

バスターをぶっ放す時に20%に合わせるぐらいしかアクションのない Ingress と アクションシューティングのスプラトゥーン。陣取りという要素が入っただけで、結構似てくるものですねぇ。そしてどっちも楽しい!

スプラトゥーンは今後しばらくアップデートが続くようだし、今は品薄なamiiboも定価で手に入るようになったら欲しい。Ingressは年内で今のストーリーが終わって新しいステージに突入しそうだし、しばらくは、家でも外でも陣取りゲームを楽しむ日々が続きそうです。

 

スプラトゥーン
Splatoon(スプラトゥーン)

関連してるかもしれない記事

Pocket