楽天モバイルが語る、賢い「格安スマホ」の選び方

2015.07.05

楽天カフェ

小6になった息子の携帯について定期的に考え中。

中学生の間は iPod touch でいいかなーと思いつつも、最近のゲームはどれもネット接続が求められれ、その度に友人にWiFiを借りたりするのかなと思うと、それもどうなんだろうと思ったり、いっそ普通のスマホでいいのかなと思ったり。

 
でもそれだと高くつくしなぁ。

 
子どもにいつ携帯を持たせるのかというのはそれはそれで悩ましい問題ですが、それにかかるコストも悩ましい問題。

 
どうしようかなーと悩んでいるそんな時にタイミングよく「プロに教わる賢い格安スマホ選び」というブロガー向けのイベントが渋谷の楽天カフェで開催されたので、参加させていただきました。

 
格安スマホとは何か、格安スマホはどうやって選べばいいのか。今後役に立ちそうなお話が聞けたので、ざっくりまとめておきます。

 

格安スマホ アンバサダー

このイベントは、格安スマホ アンバサダー プログラムのひとつ。楽天とフュージョンコミュニケーションによるプログラムです。
 
格安スマホには「恥ずかしい」「ケチくさい」というイメージがあるのだそうで、それを「賢くお金を使う」という方向へ認識を変えていきたいとのこと。もちろん、楽天モバイルの宣伝も兼ねているのですが、まずは「格安スマホ」というカテゴリー自体を浸透させて、全体のパイを広げたいようでした。

 

格安スマホとは?

格安スマホは、NTTやauなどの大手通信会社から回線を借りて運営するサービスで、そういう会社はMVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と呼ばれています。

NTTやauと比べて安く出来るわけは、販売をインターネットに特化しているので、人件費や店舗費用が抑えられるのが大きいのだとか。

 
楽天の月額料金プラン
楽天モバイルの料金プラン

個人的にはこのシンプルな料金設定が格安スマホのいいところのひとつだなぁと思っています。いろんなオプションが増えて訳がわからなくなっている大手にも見習って欲しいですね。

 

格安スマホを選ぶポイント

大きくチェックするところは「月額料金の初月がどう計算されるのか」「最低利用期間」「通信料金の繰越が出来るか」「高速通信のオンオフが出来るか」「利用できる端末の種類や価格」の5つでしょうか。

また、ナンバーポータビリティを使う場合、ネット経由だと2日ぐらい空白期間が空いてしまうので、実店舗のある格安スマホ業者を使うほうが間があかずに便利そうです。

楽天モバイルの場合で特に気になったのが「契約している間、楽天市場でのポイントが2倍」になる点。楽天でお買い物をする頻度の高い人の場合、トータルで見るとかなりの格安スマホになるかもしれません。

 

honer 6 plus

まあ、まずは1年間使ってみてよ。ということで通話SIM(3.1GBパック)と honor 6 Plus をいただきました(太っ腹だ!)。写真がかなりいい感じで撮れる端末のようなので、少し使い込んだらこちらもまたレポートしてみたいと思います。
(一番上の画像は honor 6 Plus のスーパーナイトモードで撮影しました)

 
・楽天モバイル[Link]

関連してるかもしれない記事

Pocket