15インチPCも入っちゃう?! 土屋鞄の「大人ランドセル」 を買ってみました

2015.12.23

土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

かしこまった打ち合わせにも持っていけるようなバックパックが欲しい!

と思っていたところに土屋鞄の「大人ランドセル」が登場。

10万円はちょっとお高いけど、一生ものだしと魔法のことばを唱えつつ、予約開始となる11月3日の10時にパソコンの前に。やっぱりヌメ革の茶色だよなぁとホームページをポチポチと押してさあ決済!というところで謎のエラーが発生し、頭からやり直したらもう売り切れでしたT^T。

 
これいいよねー欲しいよねと話をしていた友人は無事買ったようで、いいなぁいいなぁと羨ましがってたら、これからお店に見に行くけど、予約してこようか?というありがたい申し出が。。速攻で飛びつき、11時開店と同時にゲットしてもらいました(笑。

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

箱を開けたら、とっても素敵なクリスマス仕様。そういえばそんなパッケージで届くって言ってたなぁと思いながらざくざくと開けていきました。

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

ご対面!少し明るめのいい色でした。

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

私が購入したのは、OTONA RANDSEL 001のブラウン。早速背負ってみましたが、軽い!そして背負った感じがタイムスリップしそうなぐらい、すごくランドセルでした。

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

ランドセルを開かなくても使える横ポケット(左・iPhoneは6Plus)はマチもたっぷりの深めなタイプで手帳とかもここでいけそう。開けた時にだけ使えるポケット(右)には名刺入れと筆記用具かなぁ。文庫本ぐらいはすっぽり入りそうなので、いろいろと悩んでしまいそうです。

左右にベロがついていて何でだろうと思いましたが、落ちているものを拾った時などに中身をぶちまけてしまう小学生がよくやってるアレの防止用なんでしょうね(笑

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

なんか入りそうだなぁと思って15インチのMacBook Proを突っ込んでみたところ入ってしまいました。ちょっと窮屈な感じはありますが、これから革が馴染んで柔らかくなってきたら気にならなくなりそうなレベルです。#ただしMacBook Proに限る。のかもしれませんし、すべてが手作りとのことなので個体差で入らないことがあるかもしれないのでご注意を。公式的には「A4クリアファイルが収まるサイズ」だそうですよ。

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

箱を開けて写真を撮っていたら、同じ土屋鞄のランドセルを使っている娘(小2)がランドセルだね。一緒だねというのでそんなに似てるかなぁと思って並べてみました。背負った時に感じるタイムスリップ感はこれかー。背中の当たる部分の構造がそっくりです。

 
販売は2016年から再開されるようなので、気になる方はホームページをチェックしてみてください。

・土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL[LINK]

 
土屋鞄製造所:OTONA RANDSEL

関連してるかもしれない記事

Pocket