GORUCK Stealth Ops 浜松 & #Ingress XM Anomaly 浜松 #obsidian 参加レポート

2016.02.29

GORUCK Stealth Ops 浜松

今回日本で開催されたIngress公式イベント「Obsidian」浜松は、前回の沖縄に引き続きGORUCKが同時開催。

沖縄が終わった時に、もう少しハードなのがあったら参加してみたいなぁと思っていたので、まさに今回のStealth OpsはやってみたかったGORUCK。すぐに参加を申し込みました。

 

事前準備

GORUCK Stealth Ops 浜松

近所の鉄工所に作ってもらった10ポンド(約4.5キロ)の重りを2枚、モバイルバッテリー(20100mAh、13000mAh×2)、ペットボトルホルダー、不審者カード、ネームプレート、両面テープ、布テーム、補給食、ヘッドライト、タオル、バックパック(GORUCK ECHO)、反射テープなどなど。

前回から重りが倍、そして12時間の長時間イベントということで、鉄板とバックパックは1ヶ月ほど前に用意して、イベントまで2~3日に一回ぐらいの頻度でトレーニングを繰り返しました。

 

17:26 浜松へ

GORUCK Stealth Ops 浜松

2月26日(金)17:26東京発のこだまに乗って一路浜松へ。小田原あたりまでは富士山が見えてましたが、静岡につく頃にはもう真っ暗でした。

 

20:30 とにかくうなぎ!

うなぎ八百徳のお櫃鰻漬け
うなぎ八百徳のお櫃鰻漬け

受付もそこそこに、せっかく浜松へきたのだからとにかくうなぎを食べなくっちゃというわけで受付会場そばにあった「うなぎ八百徳」へ飛び込んでお櫃鰻漬けをもぐもぐ。

 

21:00 浜松城公園

GORUCK Stealth Ops 浜松

Cadre(教官)にエージェント名を呼ばれたものから公園の芝生エリアで荷物のチェック。半分以上の人に実名とエージェント名の照合不備があって、その場でCadreがエージェント名を手書きで書き込んでました。途中で「ただ待ってるのも寒いだろ?」といきなりスクワットがはじまったり(笑。

芝生エリアについたものから、重り、水、IDカード(免許書)、お金(いざというときのタクシー代)のチェック。みんなのチェックが終わったあとは、Cadreから「私の嫌いな言葉を教えておく。”I can’t”と”I quit”だ」と脅し文句のようなありがたいお言葉をいただき、ひたすら筋トレが続きました。足首を持った状態でのスクワット(monkey fucker)、仰向けに寝っ転がっての手足の上下運動(dead cockroach)、腕立て伏せ(pushup)、寝っ転がって左右の人とタイミングを合わせて右へごろり、左へごろり(rolling)などなど。腕立て伏せの体勢から立ち上がったり戻ったりはみんなの動きが揃うまで嫌というほど繰り返させられました。

 

23:30 浜松城公園を出発

GORUCK Stealth Ops 浜松

RESとENLチームは別行動でそれぞれ別の目的地へ。16〜17人で1つのランク(RES内合計4ランク)に分かれ、この先すべて青くしろ!5メートル以上離れたらペナルティだよと言われ、夜の街をスキャナー片手に歩いていきました。スピードの遅い人に合わせていたのでスピードはゆるめ、列の中盤にくるころには青のP8が出来上がっていたのでハック以外にすることもなく、淡々と移動。

 

24:15 富塚公園へ到着

GORUCK Stealth Ops 浜松

最初のコンペティションが発表されました。お題はCF作り競争。次の目的地・蜆塚公園にENLより先にたどり着きCFを作れとのこと。別動隊(ブッシュ隊4名)を作って、極秘裏にENL本隊のCadreの撮影が出来れば敵にペナルティを与えることができるということで、私はこちらに立候補。

 

01:00 富塚公園を出発

アンブッシュ隊として地元のエージェントの方に道案内してもらいながら素早く移動。Intel Mapをチェックして、こっちからこう回り込んで移動してるからたぶんこの辺に出てくるね。よーしじゃあ。と話をしていたら、予想より早くENL本隊が現れてしまい、「見つけた―」と言われて、アンブッシュは失敗してしまいました。

あんなに目立つ場所で話し込むなんて、間抜けすぎでした_| ̄|○

 

02:00 蜆塚公園へ到着

行軍の差は10分ぐらいだったかなぁ。CF作り競争は先に蜆塚公園にたどり着いたENLの勝利に終わりました。

蜆塚公園にはトイレ休憩などを含め1時間近く滞在。とにかく寒い。歩くのをやめると寒い!
またアンブッシュゲームをやるというので、休憩の間に地域のコミュニティにIntelサポートできる人いませんかーと投げて何人か捕まえてもらったりしてました。残念なことにここでRESチームからひとりリタイア。バックパックから大量の水が漏れ、体の濡れたせいで低体温気味になり体調を崩したとのこと。

 

03:10 蜆塚公園を出発

またENLとは別の場所「佐鳴湖公園」へ出発。Cadreが「リーチ」といったら5秒以内に前の人の肩に手をつける。付けられなかったらペナルティという新ルールで移動がスタートしました。

スタートして300メートルもいかないうちにCadreから突然「お前たちが見殺しにしたんだ」と言われてストップ。何のことだかさっぱり分からずぽかーんとしながら戻ってみると、列から置いてきぼりにされたエージェントがスナイパーに打たれて死んでいました(という設定で横たわっていました)。運べ!と言われて私も含めて6人ぐらいで担いで移動開始。その道中、横を竹を持ったエージェントたちが並走。「なにそれ?」「Cadreが持ってきたんだよ。ウルトラストライクだってさ」「なんだそれw」という会話をしたのを覚えています。

死体担ぎは途中で交代。列に戻って、他の死体が出ないように最後尾で目を光らせながら歩いていきました。

 

04:00 佐鳴湖公園へ到着

GORUCK Stealth Ops

佐鳴湖公園に到着し、次のコンペティションが発表されました。この先にあるポータル「水の出る岩」をP8にして30分キープしろ。とのこと。

 

04:30 ポータル「水の出る岩」

30分も?と疑問に思ったものの、とにかく急いでポータルへ。道中、歩くのは問題ないけど走ると足が攣るかもというエージェントの荷物を預かって重量2倍での移動になりました。前に担ぐと思っていたほどでもなく、荷物を持ったままポータルへ。

先にたどり着いたRESがポータルを奪取したものの、ポータル周辺はかなり暗く狭いエリア。真上を取りたいENLと、先についていたRESで人多すぎのもみくちゃ状態に。私もAXAを放り込みながら突っ込んできた誰かに突き飛ばされて危うく転ぶところでした。勝負はポータルをキープしつづけたRESの勝利。30分も経ってないよなぁと思っていたら、4時30分の時点でポータルをキープしていたチームが勝ちというのが正しいルールだったようで、伝言ゲームの難しさを実感しました。

 

04:50 佐鳴湖公園漕艇場

GORUCK Stealth Ops

お散歩のおばあさんたちとすれ違い、おはようございますーと小さな声をかけると「知ってるわよー新聞で読んだもの。頑張ってねー」とお返事が。どうやらIngressが新聞に取り上げられていたようで新聞すごい。ここでは補給を取ったり、トイレに行ったりして、腰をおろしてしばし休憩でした。

その後みんなで集合して、Cadreから先ほどのポータル「水の出る岩」での過剰な肉体的接触についてのお話。「Charming the Snake」。目の前の問題(ヘビ)に対してどうアプローチするのか。ヘビに敵対するのではなく、ヘビを魅了することが大事なのだとお説教を受けました。

 
続いてこの場でコンペティションへ。人でGORUCKのロゴマーク(スピアの形)を作れとのこと。先に形になったのはRESでしたが、美しくないとダメ出しを喰らっているうちにENLの勝利に終わりました。どうやら隙間が多かったようで、残念。

 

05:40 佐鳴湖公園漕艇場を出発

だんだん明けてくる空を眺めながら歩いていきました。次のコンペはアンブッシュになりそうだったので、ENLの位置把握などをIntelの人に頼んだりしつつ。。。この辺ではスキャナーは開かず、ひたすらハングアウトで連絡を取り続けていたような気がします。

 

06:30 伊場遺跡公園へ到着

GORUCK Stealth Ops

日が登ってきて気温が上がり、過ごしやすくなってきました。次のコンペティションは浜松城でGORUCKマーク(スピアの形)のCFを先に作った方の勝ち。今回もアンブッシュ隊を結成するということで立候補したら前回のアンブッシュ隊に参加したのが私だけだったので成り行きでアンブッシュ隊のリーダーをやることになりました。

 

06:55 伊場遺跡公園を出発

アンブッシュチームがまず出発。とにかく先回りしなくっちゃと、10人+Cadre+通訳の12人で走りだしました。途中ENLの本隊の動きが予想以上に早いことを知り更にペースアップ。地元エージェントの方によると浜松城ギリギリで捕まえられるかどうかのペースらしい。

GORUCK Stealth Ops

走る私たちにCadreの容赦ない言葉が飛びます「リーチ」「リーチ」「リーチ」。ひたすらリーチを繰り返し、その都度前を走るエージェントの肩に手を伸ばしました。
そして、浜松城まであと一歩というところで「本隊が浜松城内に入った模様です」という非情な連絡が。。。かなり本気で走ったのに追いつけませんでした。

追いつけなかったのでアンブッシュは失敗です。とCadreから告げられてアンブッシュ隊の活動は終了しました。

 

07:30 浜松城公園に到着

公園に到着したもののアンブッシュ隊は本隊が到着するまで何もするなということで、CFを作っているENLを横目にトイレにいったり補給食を食べたりしながら本隊到着をジリジリと待ちました。本隊がつく頃にはもうCFが出来上がっていて、残念ながらここでもCF作り勝負はENLの勝利で終わりました。

 

08:00 パッチ授与&記念撮影

GORUCK Stealth Ops

Cadreからの握手とともにパッチが渡されて、最後はみんなで記念撮影。集合からの11時間の間にものすごく密度の濃い経験ができました。特に「Over Communicate」「Charming the Snake」あたりは普段の生活のいろんなところで応用できそうです。

 
体力的な面では事前準備が功を奏したのか、足回りはあまり辛くありませんでした。最初の筋トレで腕周りがしんどかったので、そのあたりが今後の課題。重りをいれたバックバックを背負ってIngressをするのは運動の負荷と時間効率的にもいい感じだったので、今後もゆるやかに続けて行けたらと思っています。

 

GORUCK Stealth Ops

総移動距離は24.24キロメートルでした。

そして、この後、GORUCK Urban Ops へ参加したわけですが。。
その話はまた別エントリーで[LINK]

関連してるかもしれない記事

Pocket