GORUCK Stealth Ops 瀬戸内 & #Ingress XM Anomaly 瀬戸内 #ViaLux 参加レポート

2016.10.08

GORUCK Stealth Ops 瀬戸内 お仕事でほとんど参加できなかった東京の分まで瀬戸内で! というわけでIngress XM Anomaly 瀬戸内に参加してきました。   装備は前回とほぼ同様。近所の鉄工所に作ってもらった10ポンド(約4.5キロ)の重りを2枚、モバイルバッテリー(20100mAh、13000mAh×2)、ペットボトルホルダー、不審者カード、両面テープ、布テーム、補給食、ヘッドライト、タオル、バックパック(GORUCK ECHO)、反射テープなどなど。 参考:GORUCK Stealth Ops 浜松 & #Ingress XM Anomaly 浜松 #obsidian 参加レポート     17:00 高松空港着 GORUCK Stealth 瀬戸内 9月23日15時45分発のJAL483便に乗って、高松へ。天候不安もありましたがなんとか降られずにすみました。   18:00 めりけんやでうどん! 高松駅 めりけんや 空港からはリムジンバスで高松市内に。かわいい顔の高松駅舎のすぐそばにある「めりけんや」に駆け込み初うどん。一息ついて Resistance の作戦会議へちょっと顔を出しました。なんかすごい数のパソコンが並んでるところを借り切っていろいろとやってたようで。。そこでざっくり翌日の予定などを確認。   20:00 サンポート高松 GORUCK Stealth 瀬戸内 そしてGORUCK集合場所であるサンポート高松の北側の芝生広場に。浜松、沖縄で顔をあわせたこともある人たちと挨拶を交わして、みんなで準備体操をしました。21時には今回のCadre(教官)C.T.が合流して、名前、荷物などを確認後、ウェルカムパーティーという名の筋トレに突入です。 今回のウェルカムパーティーはみんなに少しでもリーダーを味わって欲しいということで、参加者ひとりひとりが中央にでて筋トレを提案、リードするスタイルでした。自分の番になったら中央へ。「ではバービーを!」とメニューをつげたあと(バービーはきつめなのでちょっとブーイングをもらったりw)、サイコロを2つ振り回数を決定(9回でした)、掛け声を掛けてみんなで動きました。腕立て、スクワット、プランク(肘で上半身を支えてキープ)。。。ひとりあたりはたいしたことないんですが、60人近く続くとなかなかハード。 その後前哨戦ということで、景品(翌日のアノマリーでの情報)なしの勝負をすることになりました。スタート地点から1本目の街灯まで行って帰り、みんなが揃ったところで次は2本目の街灯まで行って帰るというシャトルラン風の競技。リハビリ中で全力疾走は難しい方がいたこともあってRESの敗北。   23:45 高松市立中央公園 30分ほど歩いて中央公園に到着。最初のコンペティションは公園内のポータルを使ったプチアノマリーです。RES、ENLそれぞれ2チームずつ2回に分かれて戦い、勝敗は公園内のポータル占有数の合計でというルール。私は1回目に参戦。13人vs13人で21個のポータルを取り合うスリリングな10分間の戦いでした。チームメイトが戦っている2回戦目はスキャナを開けないよう手を胸にスクワット(笑。勝負は残念なことにトータル17対18でENLの勝利でした。   03:30 小山運動広場 次の目的地は中央公園から6キロ離れた小山運動広場。そこに行く間にセイルマーク(ヨットのような形)をフィールドアートで再現するというコンペティションが行われました。時間と形が勝負ということで、作戦を練って挑んだのですが、なんかそこらじゅうが青いエリアで、おまけに基点に使いたかったポータルが耐性付きという不運も重なり、ちょっと手間取ることに。形は互角、時間はENLが早かったということでENLの勝利に終わりました。 GORUCK Stealth 瀬戸内 RESが作ったフィールドアートとほんとに何にも見えない小山運動広場。   04:00 峰山公園へ GORUCK Stealth 瀬戸内 小山運動広場から北上し坂のある住宅街へ。RES、ENLの区別なく、足に不安のあるものは前に、みんなで足並みをそろえて歩きました。   GORUCK Stealth 瀬戸内 空が明るくなる頃には舗装されてない完全な山道に。   06:00 峰山公園到着 GORUCK Stealth 瀬戸内 負傷した人を運ぶ方法などをレクチャーしてもらいながら峰山公園に到着。高松市内を一望する素敵な公園で記念撮影をしつつ一休み。   GORUCK Stealth 瀬戸内 コンペティション3回戦目はストロンゲストポータルの変形版。真ん中で荷物を持ち上げる人の回りにレゾネーターに見立てた8人が腕立ての姿勢でキープ。最後まで残っていた人がいたチームの勝利というルールです。その他の人はまわりをぐるぐるとアヒル歩きしながらポータルとなった人たちに声援を送り続けました。序盤はENL側に脱落者が多くRES有利かと思われましたが、最後に残っていたENLの方が踏ん張りENLの勝利となりました。   GORUCK Stealth 瀬戸内 その後、トレッキングルートでふたたび下へ。最後のコンペティションはスタート地点まで早く戻ったチームの勝ちという過酷なルール。3連敗だった私たちはとにかく一矢報いたいという気持ちでずっーと小走り状態でした。きつかったー(笑。なんとかスタート地点にはENLより先に到着することができて念願の1勝。終わりよければすべてよしとはまさにこのことだなーと実感しました。そうそう、最後はサブリーター(12人のチームリーダー)なんてものをやらせてもらったのでした。   09:00 サンポート高松 GORUCK Stealth 瀬戸内 Cadreから完走の証であるパッチをもらいがっちり握手! 二度目のStealth参加だったので、通常のパッチとは別にブロンズパッチもいただきました。 今回はとにかく準備不足を痛感。事前に荷物を背負ったトレーニングができなかったこと、アクアシューズというソールの柔らかい靴で参加したのですが足の負担が予想以上で、疲れすぎてしまいました。   その後、アノマリーの受付に行き、知人が滞在するホテルでシャワーを借り、レンタサイクルでシャード戦に参戦することになるのですが、正直あまり記憶が。。。(笑。次はもっとちゃんと準備をしてから挑みたいなぁと思っています。   GORUCK Stealth 瀬戸内 総移動距離は16.17キロメートルでした。

関連してるかもしれない記事

Pocket