絢香と水嶋ヒロ、結婚会見まとめ。絢香はバセドー病をカミングアウト

2009.04.04

水嶋ヒロの誕生日に入籍するのでは、と報道されていた二人ですが、今年の2月22日にすでに入籍していたことが明らかになりました。

 
絢香と水嶋ヒロが電撃結婚 2月に入籍 ツーショット会見

イケメン俳優としてドラマなどで人気の水嶋ヒロさん(24)と、人気シンガー・ソングライター、絢香さん(21)が結婚していたことが分かった。3日夜、東京・赤坂のTBSで2人で記者会見を開き、2月22日に入籍したことを認めた。
 2人は昨年6月、雑誌「mini」(宝島社)の対談で親しくなり、8月ごろから交際が始まったという。10月には「FRIDAY」にキャッチされて交際が発覚した。

 
 
4月1日に入籍を事務所に報告して、どうやってファンに伝えるかを考えていた中のスクープだったようで、会見はお詫びから始まりました。
 
水嶋ヒロ、絢香の結婚会見 より抜粋。

−−第一印象は
水嶋「すごくしっかりしていると。すごく若いのに、はきはき自分の意見を言うし。あいさつも誰よりも元気にされるので、出会ったことのないタイプの人でした」
絢香「すごく目が強くて。全部を見透かされているような気持ちになった。俳優さんとしてというものもあって、すてきな方だと思いました」

−−どんなプロポーズを?
水嶋「ストレートに結婚してほしいと言いました」
絢香「もう、目の前が真っ白になって。夢かなと思って聞き返した。かっこよく答えればよかったが。これは現実だと思って『私でよければ喜んで』と」

−−結婚の決め手は
水嶋「すごく、面と向かっては言いづらいことですが、どこというよりも、恋愛の延長線上に結婚があるということを初めて思わせてくれた人。この人を逃したら一生後悔すると思いました」
絢香「私も同じ気持ち。心から尊敬できる人なので。しかってくれる人がなかなかいなくなってしまった今、そこを直した方がいいと言ってくれることで、気づかされることも多い」

 
8月に出会って、12月には結婚指輪を渡しているので、実質4ヶ月。早いプロポーズになったのは彼女の抱えているバセドー病という病気のせいもあったようです。
 

絢香「持病を持っているもので、甲状腺の病気。実はデビューした次の年くらいに分かった。すごく歌いたいという気持ちでデビューがかなったので、公表はしないでおこうと思った。薬を飲みながら3年やってきた。
 数値が上がってしまうと息切れ動(どう)悸(き)もある。かなり、今も数値が上がってしまっている状態(涙ぐむ)。今も数値が上がって。1曲歌うだけでも息が上がる。体の状態は病院に行って知ったときに、しっかり向き合っていかなきゃいけない時期なのかなと」

 
というわけで絢香は年内で仕事は休止して、家事と病気の治療に専念する予定だそうです。バセドー病は甲状腺ホルモンが必要以上に作られてしまうため、代謝が異常に活発になる病。治療には長い時間がかかるようですが、しっかり直してまた素敵な歌を聴かせてほしいですねぇ。
 
 
最後に「大勢のファンより2人の愛を貫くのか」という質問に、ひとりの男として答えた水嶋ヒロがかっこいいですねぇ。
 

水嶋「僕の中ではファンも大事ですが、一人の男として、守るべきものがあることは、こんなにも強くさせるという気持ちにさせてくれた彼女を一生、守っていきたい」

 
末永くお幸せに。

関連してるかもしれない記事

Pocket