さあ、冒険に出かけよう!「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」レビュー

2017.03.06

草を刈っても、敵を倒しても、ルピーもハートも出てこない!

これまで当たり前だった「ゼルダのアタリマエ」が見直された任天堂の新作ゲーム「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」を遊んでみました。これだけ没頭して楽しんでいるのは「ゼルダの伝説 時のオカリナ」以来かも。ということでこの感触を忘れないうちに簡単なレビューを書いておきます。
(画像は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」トレイラーより)

 

 

今回のゼルダはなにもかもが新しく、そしてちょっと厳しい

今までのゼルダの主人公リンクはなんだかんだ言っても超人でした。高いところから飛び降りても下に地面さえあればめったなことでは死なないし、その辺のツボを割ったり、草むらを刈れば回復アイテムがごろごろ出てきて全回復したりできたわけですが、今回はそうもいきません。

ゲーム内のご都合主義が排除されていて、高いところから飛び降りれば、高さに応じて傷つき、時にはゲームオーバーになるし、欲しいものが都合よく出てくるようなことも一切ないのです。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
崖を登るリンク。がんばりゲージが尽きるまでに足をつけるところにつけるかどうかで生死が分かれます

 

まずゲームがはじまると感じるのは、この世界で生き延びる方法を身につけなくてはと思うこと。

歩きまわっているとモンスターたちに出会ったり、高いところから落ちてしまって傷つくわけですが、回復するには、何かを食べないといけません。
森を散策してリンゴやきのこ類を手に入れたり、狩りをして肉を手に入れたりして食べ物を調達。そのまま食べてもいいのですが、火があるとより回復量が上がります。近くに火がないときは、木を切り倒し、さらに細かくして薪を作り、火打ち石を剣で叩いて火を起し、鍋があれば集めた食材さらに回復量の高い食事を作ります。雨が降ると火が消えてしまうのでどこで火を起こすのかを考えないといけなかったり。。

まず生きのびる。そこからすべての冒険が始まるわけです。

 

 

武器を!とにかく武器を手に入れろ!

今回のゼルダの舞台は魔獣に脅かされ、終末が刻一刻と近づいている世界。あちこちに魔獣がうごめいていて、自分の身を守るために武器が欲しくなるのですが、そう都合よく武器は手に入りません。最初はとりあえずその辺にある「木の枝」が武器代わり。「木の枝」も火をつけるとなかなかの威力を発揮するのですが、すぐに壊れてしまうのが悩ましかったり。。

道端で「錆びた剣」が手に入ったり、敵の寝込みにそっと近づき立てかけてある武器を奪ったりしてなんとかこの世界を生き抜いていくわけですが、この武器がどれもこれも耐久性が低く、ちょっと戦いが続くとすぐ壊れてしまうというシビアな作りになっています。あちこちに点在する祠の中でちょっといい武器が手に入ることもあるのですが、使っていくといつかは壊れてしまい、常にいい武器を求めてうろうろするようになっていくわけです。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
それなりの矢と剣が揃っていると一安心

 

 

生きていくにはお金が必要よね

冒険を進めて、ハイラル平原に出ると、そこはもうただただ広い世界。宿があり町があり、人々が生きています。それぞれの人にはちゃんと名前があり、毎日の生活があって、夜になれば寝てしまうし、雨が降ればいつもと違う行動をしたりもしているという凝りよう。この世界には貨幣経済がしっかりと存在していて、何か必要とされるものを売ったり、困っている誰かを助けたりすることでお金を手にすることができるようになっています。

お金があれば、宿屋に泊まったり、食材や洋服を買ったり、持ってる服を好きな色に染めてもらったり、足りなくなりがちな矢を買ったり出来るのですが。。。いくらあっても足りません(笑。

 

 

 

さあ、冒険の旅に出かけよう!

高いところに登って、望遠鏡で気になるところをチェック。見つけた場所に印をつけた地図を片手に、野原を歩き、山をのぼり、川を下り、時には崖から飛び降りたりしながら、目的地を目指すのが今回のゼルダの冒険のスタイル。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
見えるところならどこでも行けるという自由度が楽しい

 

野生馬を手なづけて草原を駆け回ったり、流星の落ちたところへ駆けつけてみたり、途中でばったり出会った巨大な魔獣をやっつけるために知恵を絞ってみたり。。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
馬によって性格や能力が違うので、好みの馬が手に入れたくなる

 

どこに行って何をするのか、やってみたいなぁと思うことがだいたい出来てしまうこのゲームなので、自分で考えた自分だけの冒険が楽しめます。

ちなみに私はカメラマンとしてあちこちを走り回りハイラル図鑑を作りながら、家を買うためにお金を貯めているところ。厄災から世界を救わないといけないんだけども。。。。まあそれはそれ。これはこれ(笑。

あなたも、あなただけの冒険の旅に出かけてみてください。

 

 


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

関連してるかもしれない記事

Pocket