連続テレビ小説「ウェルかめ」の主演は倉科カナ

2009.04.05

ora090405_21
 
今度の秋からの朝の連続ドラマ小説「ウェルかめ」のヒロイン・波美役に倉科カナが決定しています。(写真は 所属事務所公式プロフィールより)

始まったばかりの「つばさ」のヒロイン多部未華子がお気に入りで楽しく見ているのですが、早くも次回のヒロインが発表。NHKはいろいろと早いですねぇ。
 
 

1775名の応募者から選ばれた倉科は「先ほど聞いたばかりで、すごくドキドキしています」と興奮冷めやらぬ様子で「これからきっと長くなると思うので、体に気を付けて、毎日楽しみながら撮影していきたいと思っています」と喜びもひとしお。
(オリコン09.04.02)

 
「海のような大らかさと伸びやかさ」「フレッシュな生き生きとしたエネルギーと力」が今回のドラマにピッタリということで選ばれたようです。
 
 
本人の公式ブログ にも喜びが綴られています。

この間は皆さん、ビックリしましたよね(;^_^A
私もまだビックリしています!!!憧れだった連続テレビ小説のヒロインに選ばれるなんて…本当に幸せです!!!

つまずいても、つまずいても、人生いい事あるさ!!!

となんだかいろいろとあったかのような意味深な文章のほうが気になってしまいますが。。
  
 
決定していたのに知らされず、最終面接で呼び出されたようで

「面接ということで、『好きな生き物は、犬、カブトムシ、カメのうち何ですか』と質問されたので、『犬です!』と答えたらみなさんに笑われて。その後、クラッカーが鳴って『おめでとうございます! あなたがヒロインに決定です!』と言われました(笑)」と”ドッキリ”のような演出で決定を聞かされたという。
(マイコム09.04.03)

ここはカメと答えるべきだったんでしょうねぇ(笑)。それはそれとして素直な一面が見えるようです。
  
 
ミスマガジン出身者でNHK連続テレビ小説の主演を演じるのは斉藤由貴(はね駒)以来になるんですねぇ。

9月放送開始の『ウェルかめ』で“朝の顔”となる彼女は、同じくミスマガ出身で朝ドラ出演を果たした先輩女優・斉藤由貴を意識。2日(木)に行われた会見では「歌もバラエティも演技も魅力的。前に一度だけ番組で一緒になったことがあって、オーラがあった。朝ドラヒロインになって、私もこの先輩のようになりたい、後を継ぎたいっていうのがありました」と並々ならぬ思いを語った。
(オリコン09.04.03)

NHK連続テレビ小説のオーディションを受けるのは「どんど晴れ」、「ちりとてちん」、「瞳」、「つばさ」につづいてなんと5回目だったそうで、オーディションの際には「斉藤由貴さんの後を追いたい」と強く主張したんだとか。
 
 
NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」は徳島県が舞台。東京の出版社をリストラされたヒロインがふるさと徳島の出版社に再就職して、さまざまな人々とふれあいながら成長していく青春ドラマです。

関連してるかもしれない記事

Pocket