ひげ剃りのススメ

2018.07.28

feather

なんだか最近剃り残しが多くなってきてね。

そんな話題を同年代の飲み会の席で持ち出したのが数ヶ月前。

「分かる分かる。年を取ると肌がたるんでくるからねぇ」

どうやら同年代特有の悩みのようで。。。

 

1万円ぐらいの電気ひげ剃りを使っていると言った私に

「それじゃぁダメだよ。3万円ぐらいのを使わなくっちゃ」

「電池が入って細かく振動する刃が使い捨てのやつがいいよ」

とひげ剃りには一家言あるようで、大変盛り上がりました。

 

 

feather

その後、悩みに悩んだ結果、私の選んだひげ剃りのチョイスがこちら。

 

featherfeather

フェザー安全剃刀株式会社の定番中の定番の両刃ホルダー「ポピュラー」と創業当時から発売し続けている「ハイ・ステンレス両刃」です。選んだ理由はどこまでもシンプルでローコストなひげ剃りの定番だからという感じでしょうか。

 

featherfeather

1000円もしないホルダーですが、しっかりした作りで、長持ちしそう。替刃は10日で1枚ぐらいでしょうかね。10枚500円程度なのでランニングコスト的にも気にならないと思います。

 

Shaving foam

そしてシェービングフォームは缶のものを(1本250円ぐらい)。

 

「気にすることはないさ。誰だって何かを抱えてるんだよ。」
「あなたもそう?」
「うん。いつもシェービングクリームの缶を握りしめて泣くんだ。」

缶にしたのは、村上春樹の「風の歌を聴け」に出てくるこの一節がもうずっと気になってたからかも知れません(笑)。

 

 

ひげ剃りを変えて数ヶ月、電気シェーバーだと1分もかからなかったところが、今は5分以上。時間はかかるようになりましたが、肌にひげ剃りをあて無心にひげを剃っている時間が、なんかいいんですよね。鏡を見ながら自問自答しているような感じで。高級な電気シェーバーもいいと思いますが、シェービングフォームでゆっくりひげ剃りもいいものですよ。

 

Pocket

スポンサードリンク