仮想通貨を知らない人でも分かる #TokenPay (トークンペイ)入門

2018.08.03

ご縁があって、TokenPay(トークンペイ)公式日本語テレグラムの管理人の一人になったので、宣伝を兼ねてTokenPay(トークンペイ)という仮想通貨をご紹介します。

通貨、お金とは、流通する貨幣のこと。モノやサービスと交換するために使われています。

大昔はこれが貝殻だったり、香辛料、米だったりと、保存が効いて価値があるものがとりあえずお金の代わりとなっていました。それがいつしか使いやすいように金銀へと変わり、貨幣へと変わっていきました。

 

現在の日本のお金は、精巧な印刷・鋳造技術や、法律による罰則によって偽造されにくい状態になっていて、その価値は日本という国によって保証されています。

 

一方の仮想通貨はというと、世界中にある数えきれないコンピューターによって取引が監視され、すべての取引が記録されるブロックチェーン技術(分散型元帳技術)という技術によって、その価値が保証されています。

持っている仮想通貨が本物であることは、世界中の名もない人々のパソコンが証明してくれるというわけです。

 

 

TokenPay が目指すもの

さて、ここからは星の数ほどある仮想通貨の中で、なぜTokenPay(トークンペイ)なのか。というお話です。

仮想通貨の目的は、支払いだけではなく、契約の自動化、送金コストの削減といろいろあります。TokenPay(トークンペイ)の目的はその名前「トークン(代用貨幣)」+「ペイ(支払い)」の通り、支払いです。

普段使っているお金のように使える仮想通貨。つまり、お金として王道中の王道を目指しています。

 

この王道のトップを走っている仮想通貨がBitcoin(ビットコイン)です。ただ、生まれたのが2009年とちょっと前になるので、送金の遅さ、一度にできる取引数の少なさなど、基本設計の古さが問題になってきています(それを解消する方法が現在実証実験中)。

TokenPay(トークンペイ)はBitcoin(ビットコイン)をベースに2017年の設計で生み出された新しい仮想通貨なので、それらの問題が解決済みであることが大きな強みです。

 

例えば送金スピード。


Bitcoin(ビットコイン)が10分、Litecoin(ライトコイン)が2分30秒かかるところ、TokenPay(トークンペイ)はわずか5秒足らずで送ることが可能です。

 

そして1秒間に行うことのできる取引数。

PayPal の取引数を超え、VISAにせまる性能を持っています。

 

 

TokenPay はプライバシーと安全性を重視しています

仮想通貨は世界中のコンピューターに取引が監視されているので、どのお財布からどのお財布にお金が動いたか。すべて見えてしまいます。別にいいよという人もいるでしょうが、自分のお金がどこへ支払われたか追跡できてしまうというのは嫌だという人もいるんじゃないでしょうか。
そんな人向けに、TokenPay(トークンペイ)には誰が送ったかが分からないように匿名で送れる機能がついているのです。

そして、TokenPayのキャッチコピーとなっている「The World’s Most Secure Coin(世界で一番安全なお金)」。専門的になりすぎるのでここでの説明は省きますが、様々な最新の仕組みを使って安全であるように作られています。

 

 

TokenPay とつながるエコシステム

TokenPay(トークンペイ)の運営母体である TokenPay Swiss AG という会社が、仮想通貨で一番使われる通貨になるために、様々なサービスとの連携を模索し続けています。今、見えてきているエコシステムをざっくりまとめてみました。

WEG Bank AG(ドイツの銀行)
TokenPay Swiss AG が一部株式を所有するドイツにある銀行。TokenPay Bankにするためにドイツ金融当局に申請中。

TokenSuisse(トークンスイス)
スイスにある投資会社で、プライバシーコイン証書というスイス政府が認めた安全に仮想通貨に投資できる仕組みを作り上げています。

eFin DEX(イーフィン分散型取引所)
トラストレス(信頼できる第三者がいなくても大丈夫)な取引所です。ハッキングに強いという特徴があります。

Merchant Tools(マーチャントツールズ)
ECサイトにビルドインすることで仮想通貨支払い受付を可能にするツール。仮想通貨を使うことで店舗はVISAカードなどに支払っている約3%とも言われる手数料を大幅に削減できる。

BlockSize(ブロックサイズ)
ブロックチェーン技術開発会社。TokenPay(トークンペイ)をより便利にするための新しい技術 infinitesimal(インフィニティスティモル)などを開発中です。

eSports.io(eスポーツ)
仮想通貨を使ったeスポーツのギャンブルプラットフォーム。

TokenGaming(トークンゲーミング)
仮想通貨を使ったオンラインカジノが作れるプラットフォーム。

TokenGig(トークンギグ)
ギグエコノミーと呼ばれる、インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方に対応し、給与の支払い通貨としての採用を模索しています。

Asian Bank(アジアの銀行)
TokenPay Swiss AG と秘密保持契約を結んでいるアジアのどこかにある銀行。詳細は2019年に発表されます。

とにかく使われるために、様々なユースケースを作りだそうとしていることが分かると思います。

 

 

終わりにかえて

ざっとTokenPay(トークンペイ)についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。もしこの記事を読んで、面白そうだから投資してみようと思った方に是非覚えておいてもらいたいのですが、まず「自分で調べる」ようにしてください。

ここではあえて、TokenPay(トークンペイ)の購入方法には触れませんでした。どうやったら購入できるのか、その情報は自分で調べて、納得できる方法を探してみてください。大切なお金を投資するのですから、人任せにはせず、まずは自分で調べて、そして判断してください。

仮想通貨は生まれて間もない通貨で、全ての仮想通貨の価値を合わせて、2018年8月現在、30兆円ぐらいのとても小さな市場です(Appleが110兆円、Amazonが90兆円ぐらい)。そして、その小さな市場の中で、TokenPay(トークンペイ)は50億円程度。とてもとても小さな規模の通貨なのです。

誰かがちょっと売ったり買ったりするだけで価格が大きく変わりますし、FUD(fear, uncertainty and doubt:恐れ、不確実、そして疑惑)情報が流れてきて、不安になることもあると思います。そんなときは必ず一次情報(公式情報)を調べて、その情報が真実であるのかどうかを自分で見極めてください。(だいたいのことはGoogleとGoogle翻訳があればなんとかなります)

その上でまだ疑問に思うことがあれば、TokenPay公式日本語テレグラムで質問してみてください。きっと時間のある誰かが答えてくれると思います。

TokenPay 公式サイト
tokenpay.com

TokenPay 公式日本語テレグラム
t.me/TokenPayJapan

Pocket

スポンサードリンク