「エベレスト最高齢登頂」でギネス認定

2009.02.12

ora090212_31

三浦雄一郎(76)が「エベレスト最高齢登頂」でギネス認定されました。

2月12日のasahi.comによると

昨年5月26日、世界最高峰エベレスト(8848メートル)に75歳で登頂した冒険家、三浦雄一郎さんが同峰の最高齢登頂者だと、ギネス・ワールド・レコーズが認定した。11日、三浦さんの事務所が認定書を公開した。

 
前日に登頂したとされる76歳のシェルチャンという男性の年齢を証明できる書類がなかったことから今回のギネス受賞になったようです。なんでもネパールでは1930年代には生年月日を証明する書類が作成されてなかったとのこと。登頂写真もないため登頂そのものも確認できていないそうなのでしょうがないでしょうね。
 
ちなみに三浦さんは80歳になったときにもエベレストに登頂したい(今度はチベット側から)と言っていました。うーん、どんだけ元気なんでしょう。

Pocket