家庭に眠る200億の金を奪い取れ!

2009.04.24

ora090424_21
 
携帯電話の中にある希少な金属を政府が回収しようと
やる気になっています。

政府は使用されなくなった携帯電話を回収して、金やプラチナなど希少金属を取り出す仕組み作りに着手する。携帯電話には金やプラチナ、パラジウムといった高価な希少金属が含まれていることから「都市鉱山」として注目を集めているが、回収される携帯電話の台数は減少傾向が続いている。このため、リサイクルを義務付ける商品に携帯電話を指定して、携帯電話事業者やメーカーに自主回収を促す方針だ。
(毎日jp 09.04.18)

 
1g3000円として1kg300万、6.4トンで192億円
 
政府が試算したところによると、1億台の携帯から3.2トン。
1台につき0.032g(96円相当)の金が含まれるのだとか。
 
リサイクルを促すことで、
家庭に眠っている希少金属を掘り起こそうという魂胆らしい。

政府は今年度、買い替え時に古い携帯電話を持ち込むと、購入代金を割り引くなどの特典を設ける仕組みを始める方針。

ということなので、多少はお得になるんでしょうかねぇ。
 
私の場合、結構一台を長く使うので
いっそずっと持っていてもいいかなぁ
ぐらいに思っているのですが。。
 
ちなみに日本は実は資源大国なんだそうで。。。

金 世界1位
銀 世界1位
銅 世界2位
プラチナ 世界3位
インジウム 世界1位

こう書くとにわかには信じられないけど
これは事実。
 
これらはすべて都市鉱山と呼ばれている
家電なんかのゴミの山の中に埋まっているのだとか。
 
日本ってすごいね。
 
いつか夢の島がまさに夢の島になる日が
くるのかもしれません。

関連してるかもしれない記事

Pocket