ねたみは痛み?脳の仕組みで新発見

2009.02.13

ora090213_51
 
人をねたんだり、人を不幸を喜んだり。。そんな感情がどのようにして起こるのか。その研究が進んでいるようです。

ねたみの脳内メカニズム解明という記事によると

ねたみや他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳の働きを、放射線医学総合研究所(千葉市)などの研究チームが明らかにした。ねたみは脳内の「痛み」に関する部位が働き、ねたむ相手の不幸で「報酬」にかかわる部位が活動していた。

 
自己評価では、自分と同じ分野で自分よりも優秀な同性(Aさん)を100ねたみ、違う分野で自分より優秀な異性(Bさん)は50ねたみ、違う分野で平均的な異性(Cさん)にはねたみがなかった。という評価でした。

このとき、AさんやBさんにねたみを感じている時の脳は痛みの処理にかかわる「前部帯状回」という部分が活動しており、Aさんのことをねたんでいるときにもっとも活発に活動していたとのこと。
 
また、AさんとCさんに食中毒や車のトラブルなど不幸な出来事が起こると嬉しいかどうかを聞いたところ、Cさんに対しては感じなかったが、Aさんに対しては中ぐらいに嬉しいと感じ、そのとき脳では報酬系といわれる「線条体」という部分が活動していたことが分かったそうです。
 
今回の研究からは、ねたみを強く感じるひとほど、他人の不幸を喜ぶ傾向にあるってことも分かったそうで、人の不幸は蜜の味っていう人ほど、ねたみやすい人ってことのようですよ。

Pocket