横須賀に流れ着いた「たからのちず」の持ち主はどっち?

2009.05.12

ora090512_51
 
2〜3日で見つかるんじゃないかとは思っていましたが
なんと2人も候補者が現われるとは。。。

5月8日にこんなニュースが報道されました。

差出人不明の「宝の地図」が、横須賀市田浦港町の横須賀海上保安部の船着き場に漂着し、同保安部は七日、地図を公開し、差出人探しに乗り出した。
(東京新聞09.05.08)

 
 
見つけたときは狭い船内で思わず
「宝の地図を見つけた!」と声を上げたそうです(笑)
 
ora090512_52
 
地図は500mlの「辻利」というお茶のペットボトルに
丸めて入っていて、サイズはB5。
 
子供の字で「たからのちず」と書かれ、
部屋の3カ所には「たからのしるし」として
ドクロマークが記されていたそうです。
 
また地図には「ゆうたへや」「なつベッド」
「しょうへいくつした」「こたつ」「テレビ」など
部屋の間取りらしきもの描かれていました。
 
 
横須賀海上保安部の管理課では
子供3人のものと思われる名前があることから
「差出人は3人兄弟」ではないかとの見方を強め

差出人が分かり次第「まず、宝が何なのかを聞きます。こちらから宝を探しに行きたいぐらいです」。差出人の年齢などを考慮した上で、記念品の贈呈や巡視艇の体験乗船などを検討しているという。
(スポーツ報知09.05.08)

と報道されていました。
 
 
そして次の日の5月9日。
なんとふたりの「ゆうた」君から問い合わせが。。

神奈川県横須賀市の横須賀海上保安部の船着き場に、「たからのちず」と記された紙が入ったペットボトルが漂着した件で、2組の親子から問い合わせがあったことが9日、わかった。同保安部では7日に紙を公開し、差出人を捜していた。同保安部によると、8日に神奈川県と静岡県に住む親から「うちの子どもではないか」との電話があった。見つかった紙には「ゆうたへや」と書かれてあったが、2組とも子どもは「ゆうた」君だという。同保安部では「話していることが同じなので、どちらか決めかねている」と話した。
(スポーツ報知09.05.10)

 
   
さあ、どうする海上保安部?
 
もうまとめて2人に記念品をあげちゃえって
感じでしょうか(笑)
 
 
それにしても今回の一連の報道には
とってもほのぼのとした気持ちにさせていただきました。
 
あとはうそをついている子供が
後味の悪い思いをしないよう祈るだけです。

関連してるかもしれない記事

Pocket