村上春樹最新作「1Q84」が謎だらけの理由

2009.05.15

ora090422_31
 
5月29日発売予定の村上春樹「1Q84」ですが
現在でもタイトルやカバー以外の情報が全くありません。

そういうディーザー(じらし)広告なのかなぁ
と思ってみていたのですが、
実はちゃんと理由があったようです。
 
 
新潮社の出版部によると

「02年に刊行された『海辺のカフカ』の際に、世界中の読者から村上さんに作品の感想や質問を受け付けるホームページが設けられました。その中で“事前の情報を何も知らずに作品を読みたかった”という声が、読者から少なからず寄せられたんです。そこで今回の作品では実験的に、舞台も登場人物も事前に一切わからないようにしているんです」(新潮社出版部担当者)。
(東京ウオーカー09.05.15)

 
 
なるほどねぇ。そういう発想はありませんでした。
 
前回の「海辺のカフカ」のときは
全然情報なしで読んだ記憶があるのですけどねぇ。
 
そのかわり少年カフカに収録されたやり取りは
リアルタイムで楽しめなかったという
残念な思いもちょっとありました。
 
 
今回はずいぶんとネットを利用しているので
変なところでネタばれに出会わないようにしなくては
いけませんねぇ。
 
その中ではTwitterが一番怖そうですね。
自分もついつぶやいてしまいそうなので
読み終わるまでTwitter断ちとかするかもしれません(笑)
 
あ、Tumblrも危険ですね。
 
 
ora090422_32
1Q84(1)
1Q84(2)

関連してるかもしれない記事

Pocket