月は表と裏で違うらしい

2009.02.13

ora090213_61

月探査衛星「かぐや」のレーザー高度計による初の直接計測によると、月の北極と南極方向の半径が1735.66キロ。赤道半径が1738.64キロとその差3キロ程度でほぼ完全な球に近いことが分かった。

また月の一番高いところは赤道近くのクレーターのふち、一番低いところは南極近くのクレーターの底で、空気も水もない月では、隕石がぶつかった後がそのまま残ったとのこと。
 
 
今回のこのニュースは13日付けのアメリカの科学雑誌サイエンスのかぐや特集に載ったのだけど、一番の驚きは月の表(地球側)と裏側では鉱物の分布が違うらしいということが分かったことじゃないかなぁと思うのだ。なんでも子機の「おきな」と親機「かぐや」との連携で分かったらしいのだが、表側には重い物質が多く、40億〜35億年前には高温で溶岩噴出もあったが、裏側は低温だったとのこと。この表と裏の質量の差が、地球に表面だけを見せながら永遠に回り続ける理由の一つなのかもしれません。
 
 

関連してるかもしれない記事

Pocket