どの地域にどれだけ新型インフルエンザの患者がいるかが分かる「FluTracker」

2009.05.21

ora090521_11
 
ついに東京上陸というニュースでもちきりの
新型インフルエンザH1N1型。

このインフルエンザの患者が世界にどれだけいるかを
「FluTracker」 というサイトが
詳細に報告しています。
 
この地図は生物医学研究者ヘンリーニーマン博士が監修、
報道をもとに一日に何度かアップデートされています。
 
5月21日0時現在の日本は確認事例は271人となっています。
国内で得る情報とはちょっと違う印象ですが、
すべての数字に報道先のリンクが貼ってあって
海外でどう報道されているかも分かって興味深いです。
 
ora090521_12
 
 
気がつけば日本は、メキシコ、アメリカ、カナダについで4位。
 
逆に言うとそれだけ検査技術が進んでいるという
言い方も出来そうですが。。
 
マスク、うがい、手洗いの徹底で、
少しでも感染の可能性を減らしたいところですね。

関連してるかもしれない記事

Pocket