PSP GoはPSPを小型にしてBluetoothがついたデバイスでした

2009.06.04

ora090604_41
 
E3でソニーがPSP Goを発表しました。

欧米での発売日は10月1日で、価格は244,99ドル。日本は11月1日に発売され、価格は26,800円(税込)。
(電撃オンライン09.06.03)

 
欧米の方が早く、そして安い。
ついにこんな日が来てしまいましたね。
 
欧米圏のマーケットの広さを考えればあたり前なんですが
ソニーは日本の企業なのにと思うと
なんだか寂しい気持ちになります。
 
そしてPSP2とも言われていたPSP Goですが
いろいろとニュースを読んでいてあれ?と思ったのは
PSP GoはPSPの後継機ではないということ。

「(PSP-3000と同じ)高品質なスクリーン、OS、Wi-Fi機能を備え、同じように素晴らしいゲームをプレイできる。だが、そのサイズはデジタル・コンシューマー向けである」と平井氏。16GBのメモリを内蔵。ゲームやビデオ、そのほかのコンテンツはPlayStation Networkからのダウンロード入手、またはメディアマネージャーを使ってPCから転送する。ボタン類をスクリーン下に収められるスライド機構を装備し、UMDドライブのない「PSP go」の本体は、オリジナルの「PSP-1000」よりも50%小さく、40%軽い。通信機能としてWi-Fiのほか、Bluetoothを備える。
(マイコミジャーナル09.06.03)

 
単純にサイズを小さくしたPSPという位置づけで、
現在のPSPも併売していくいうことです。
 
 
そして今回のPSPの目玉はなんといっても
「Metal Gear Solid: Peace Walker」
 
物語は「Metal Gear Solid 3」の10年後の1970年代が舞台。
 
ドラクエの正当な続編がNintendoDSで出るように、
Metal Gear Solidの正当な続編は
PSPで発売されることになったようです。
 
群雄割拠と言えば聞こえがいいけど、
いろいろやりたいと全部買わないとダメなので
なんだか厄介ですねぇ。
 
そう思うとスーパーファミコンだけ持ってればいいという時代が
ちょっとだけ懐かしかったりします(笑)

関連してるかもしれない記事

Pocket