iPhone3GS発表。早くも次の名前が気になります

2009.06.09

ora090609_31
 
全ての面で性能が2倍といった感じの新型iPhone
iPhone 3G Sが発表されました。

価格は16GBモデルが199ドル、32GBモデルが299ドル。
また従来のiPhone 3G 8GBモデルは99ドルで
販売が継続されるようです(2年契約時)。
 
これはアメリカAT&Tの話で、
日本での販売価格は未定となっています。
 
 
これまでのiPhone 3Gと違う点は

カメラが200万から300万画素に変更され、
オートフォーカス機能、マクロ撮影機能搭載

動画撮影(640 x 480 @ 30fps)が出来るようになったこと。

音声認識機能で電話をかけたり音楽再生が可能

画面に指紋防止加工つき

電子コンパスで方位確認可能

バッテリーが約1.5倍長持ちに

 
またテザリング機能も発表されていますが、
使えるかどうかはキャリアによるとのこと。
 
基調講演で発表された中にはソフトバンクはありませんでしたが
これからの対応に期待したいところです。
※テザリング機能とはiPhone 3G Sをモデムとして利用することの出来る機能
 
 
気になる日本発売は6月26日(金)から。
 
また同時にiPhone OS 3.0が発表されており、
こちらは6月17日からアップデート可能。
iPhoneは無償、iPodTouchには9.55ドルで提供されます。
 
 
個人的には予想の範囲内だったので、
ちょっとガッカリな感じの発表でした。
 
一番気になったのはその名前「iPhone 3G S」
「S」はスピードのSなんだそうですが、
来年はどうするんでしょう?
 
まだ4Gは出ないでしょうから、
iPhone 3G F(ファースト)、iPhone 3G P(プロ)
iPhone 3G SS(スーパースピード)とか
そんな感じになるんでしょうかねぇ(笑)

関連してるかもしれない記事

Pocket