劇場版「スタートレック」はカークやスポックたちのあつーい青春群像劇でした

2009.06.23

ora090623_31
 
スタートレックの劇場版を見に行ってきました。

正直、スタートレックはなんかテレビでやってたかな
という程度の記憶しかなかったのでかなり躊躇したのですが、
今回、映画監督が私の好きなLOSTの監督、
J・J・エイブラムスだったのでまあ見てみるかという感じ。
 
 
期待していなかったのもあるのかもしれませんが
 
いやぁ、面白かった。
 
 
物語は壮大な時間軸と広大な宇宙を舞台に
若き日のカークやスポックたちが登場します。
 
ただ、舞台こそスタートレックですが、
まだ彼らは若く、迷ったり戸惑ったり、
それこそ殴り合ったり(笑)。。
 
癖のある人物が一人また一人と
エンタープライズ号に集まりながら
友情と信頼を築いていく様子はまさに青春群像劇。
 
 
そしてなんといってもJ・J・エイブラムス。
 
なんかこの人の作る話って適当なんですよ。
それはないだろう、いやいやそこでそれはありえない。
とつっこみどころ満載なんですが、
見ているうちにそんな細かいことはどうでもいいかな
という気分にさせてくれる不思議な人(笑)
 
なんだろうねぇ風呂敷を広げるのがうまくって
それを畳むというより鮮やかに吹き飛ばすのです。
 
 
そんなわけでぐいぐいと引きつけられ、
上映時間の126分はあっという間でした。
 
まだの方は、是非大画面でどうぞ。
 
 
スター・トレック ビギンズ
ora090623_32

関連してるかもしれない記事

Pocket