エコポイントの交換手数料高すぎで、選択肢なし

2009.06.25

ora090625_11
 
エコポイントの交換比率などが発表されました。が
ちょっと手数料が高く、びっくりです。

基本的には1ポイント1円なのですが、
手数料が高かったり、最低交換金額が高かったり。
かなり残念な結果と言えるかもしれません。
 
 
主なところをピックアップしてみました。
 
Suica、PASMO、ICOCAなど
1万2000円分が1万3500ポイント
 
全国共通おこめ券
8800円分(440円×20枚)が1万ポイント
 
図書カード
1万円分が1万ポイント
(1000円単位で交換可能、注3000円以下は300ポイント加算
 
JTB旅行券(ナイストリップ)
1万円分が1万440ポイント
 
セブン&アイ共通商品券
7000円が7200ポイント(送料200円込み)
1万5000円が1万5200ポイント(送料200円込み)
 
ダイエーグループ商品券
1000円が1000ポイント
 
電子マネー「Edy」
1ポイント単位で交換
(1万100ポイント以下、手数料100ポイント)
 
QUOカード
1000円=1000ポイント
(500ポイント単位)
 
三菱UFJニコスギフトカード
5500円分が5900ポイント
 
 
ちょうどピッタリになるなら、
図書カードやダイエーの商品券がいいですが
端数のことを考えると100円払ってでも「Edy」で
全額ポイントを交換してしまうほうがいいでしょうね。
 
 
地域によっては1ポイント=1円以上というものもあり
 
掛川市共通プレミアム買物券(静岡)
5500円が5000ポイント
 
吉野町共通商品券(奈良)
1万6500円が1万5000ポイント
 
なんかもありますので、是非チェックしてみてください。
 
 
カタログは全国の家電量販店や郵便局で
見ることができるようで、
ホームページでも交換商品カタログが掲載されます。
 
交換の申請は7月1日からを予定しています。

関連してるかもしれない記事

Pocket