銚子電鉄の車両オーナー権と愛称命名権が絶賛販売中

2009.07.06

ora090706_21
 
ぬれ煎餅が好評な銚子電気鉄道が、車両の代替えにともない
車両一口オーナーを募集しています。

銚子電気鉄道のホームページによると
現在使用している車両の老朽化が激しいので、
安全のため買い替えなくてはならず、
伊予鉄道(愛媛)から4両中古を購入する予定なのだとか。
 
その資金を工面するために今回車両導入費用の一部を債券化して
一口10万円で200口募集するのだそうです。
 
 
今回応募された方にはオーナー特典として

一口につき1年間有効の全線乗車優待券を発行(最高10年間)
車内にオーナー名を掲載(匿名を希望される場合は掲示しない)
※優待券の起算日は毎年1月1日とします。
※優待券の材質は口数に応じてプラスチックか金属を検討中

とのこと。
 
優待券は近所の人ならかなり魅力的だし、
オーナー名を記載してくれるというのは
マニアにはかなり嬉しいんじゃないでしょうかねぇ。
 
 
債券ってことは最終的には返済されるのだと思いますが、
そのあたりの記述が見当たらないのが気になりましたが。。。
応募する人はしっかりチェックしたほうがよさそうですね。
 
ちなみに現在の決算の状況はあんまり良くないようです。

同社の2008年度末決算では、鉄道収入1億5000万円に対し、ぬれせんべい、たい焼きなどの副業収入が4億1000万円にに上った。
 ただ、安全設備対策工事費や鉄道部門の赤字損失があり、純利益は9万9000円にとどまり、厳しい経営が続いている。
(読売新聞09.07.04)

 
副業で頑張ってなんとか本体を支えている感じでしょうか。。
 
 
また、車両一口オーナーと合わせて、
愛称の命名権の売却も発表しています。
これは1編成につき、一つの名前を募集・売却するようで
1編成あたり300万円。
 
どんな名前になるんでしょうかねぇ。
法人、個人問わずとのことなので、
ユニークなものを期待したいところです。

関連してるかもしれない記事

Pocket