きかんしゃやえもんが3D映画で帰ってくる

2009.07.29

ora090729_11
 
50年前に阿川弘之(文)と岡部冬彦(絵)によって
描かれた「きかんしゃやえもん」

この秋、久しぶりに復活する「東映アニメまつり」で
「きかんしゃやえもん」が3DCGでスクリーンに帰ってきます。
 

東映アニメーション株式会社は、3D立体映像による新作アニメーション「きかんしゃやえもん」を製作し、テーマパークなどで大好評上映された3D立体映像3作品と共に4本立てで『とびだす!3D東映アニメまつり』と題し、2009年10月3日(土)より全国ロードショーいたします。
(東映ホームページ09.07.24)

 
 
「とびだす!3D東映アニメまつり」 の予告編によると
こんな感じの眼鏡をかけるようです。
ora090729_12
 
 
そして「きかんしゃやえもん」ですが。。
ora090729_13
 
こんなの「やえもん」じゃない!
と言いたくなるほどデザインが違ってました(笑)
 
 
原作の「けろろん ろんろん けろろん ろん」と
歌う「れえる・ばす」の「いちろう」と「はなこ」、
止まらずに通り過ぎる「とっきゅう」
ora090729_14
 
 
映画ではN700系やE231系あたりが
その代わりをするようです。
ora090729_15
 
 
そしてラストはどうなるのかなぁ。
原作では博物館に飾られて優雅なひなたぼっこ。
ora090729_16
 
 
映画の予告編ではもう飛び出しまくって
元気いっぱいなので、隠居とかしそうにないんだけど(笑)
ora090729_17
 
 
「ぷっすん、ぷっすん、ぷっすん」
「しゃっ しゃっ しゃくだ しゃくだ しゃくだ」
 
このあたりの名台詞は是非再現して欲しいところです。
 
ora090729_18
きかんしゃやえもん (岩波の子どもの本)

関連してるかもしれない記事

Pocket