土星の環が消失する2つの理由

2009.08.11

ora090811_21
 
今年は15年ぶりに土星の環が消失します。
 
消えてしまうのは2009年8月11日と9月4日。
どうしてそんなことが起こるのか
調べてみたらちょっと面白かったのでご紹介。
 
 
普段私たちが見ている惑星は、月と同じで、
太陽の光が当たって反射した光を眺めています。
 
土星の環も同様で、ちりと氷で出来た
幅27万キロもの円盤に光が当たって反射するので、
環としてよく見えているわけです。
 
そんな土星の環が今回15年ぶりに消えてしまうのですが
その理由は以下の2つ。
 
 
2009年8月11日の場合
 
ora090811_22
 
厚さわずか9メートルという土星の環に
垂直に太陽光があたるため、
光っている部分が極端に少なく、環が消失して見える。
 
 
9月4日の場合
 
ora090811_23
 
地球から土星の環が真横に見えるので
環の円盤面を見ることができず、環が消失して見える。
 
 
 
この時期の土星は夕方の西の空にあって
日没後1時間半ほどで沈みます。
 
望遠鏡がないと詳細な観測は難しいのですが、
西の空に光る土星を眺めながら、
土星の環が今どうなっているかに思いを馳せるのも
いいかもしれません。

関連してるかもしれない記事

Pocket