原作者が亡くなって、どうなるクレヨンしんちゃん

2009.09.21

クレヨンしんちゃん
 
クレヨンしんちゃん原作者の臼井儀人が
荒船山で遺体で発見されました。

行方不明だった人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人(本名・臼井義人)さん(51)について、群馬県警は20日、同県と長野県にまたがる荒船山(標高1423メートル)で見つかった遺体を臼井さんと確認したと発表した。歯型などが一致したという。
(毎日新聞09.09.20)

 
11日に日帰りで荒船山登山へ向かったきり、
その消息が分からなかった臼井儀人ですが、
どうやら検視によるとその日のうちに、荒船山
艫岩の頂上から転落して亡くなっていたようです。
 
クレヨンしんちゃんを発行する双葉社によると、
雑誌「漫画タウン」への原稿はあと2回分が
存在しているとのことで、11月号と12月号には
漫画が掲載される予定です。
 
そして気になるアニメですが、
放送しているテレビ朝日の広報によると

原作者としてのこれまでの功績に感謝し、心からお悔やみを申し上げる。16日放映分も含め、今後は関係者の方々と相談して決めたい
(産経新聞09.09.20)

と今後の放送は未定とのこと。
 
原作者が亡くなっていても放送が続いているのは
「ドラえもん」や「サザエさん」「おじゃる丸」
なんかがありますが、是非クレヨンしんちゃんも
続けて欲しいですねぇ。
 
 
ora090920_22
映画 クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

 
 
2009.12.02追記

書籍では月刊誌「まんがタウン」の連載が来年3月号(2月5日発売)で終了。来年夏の再開を目指して、新しい作家の起用など、検討を始めるという。さらに来夏には、単行本の50巻目も発売予定。90年の原作出版開始以来、20周年にふさわしい年になりそうだ。テレビ朝日系のアニメ番組(金曜午後7時30分)は、今後も継続する。
(日刊スポーツ09.12.01)

テレビも漫画も継続するとのことでした。

関連してるかもしれない記事

Pocket