カールじいさんの空飛ぶ家。リアルとファンタジーの深い溝

2010.01.06

ora100106_11
 
ディズニー×ピクサー作品第10作目。
「カールじいさんの空飛ぶ家」を見てきました。

ちょうど一年前のウォーリーが面白かったし、
ヴェネチア国際映画祭で栄誉金獅子賞受賞ということで
期待してしまったのかもしれないんですが。。。
 
確かに面白いし、絵もキレイなんだけど
もやもやとした違和感が残ってしまったのです。
(以下ネタバレも含みます)
 
 
少し経ってから気がついたのですが、
これは物語の中のリアルな部分とファンタジーの部分の
相性が悪かったせいなんだろうなぁ。。。
 
 
子どものころに出会ったカールとエリー。
二人はやがて大人になり、結婚します。
 
子どもは流産なのか、できない体だったのか
恵まれませんでした。
医者から何かを告げられ泣き崩れるエリー。
見守るしかできないカール。
 
冒険を夢見ながらも車が壊れたり、家が壊れたりで
資金が思うように貯まらない暮らし。
 
そうするうちに二人は老いていき
ある日、妻が病で帰らぬ人に。。。。
 
 
で、風船をたくさん膨らませて
妻と行くはずだった冒険の旅へ。。

 
お金別にいらないじゃん(笑)
 
そんでもって宮崎駿のルパンや未来少年コナンのような
空中での大アクション。
おまけに犬がしゃべったり飛行機を操縦したり。。。。
 
人が死ぬなんてありえない冒険ファンタジーなわけです。
 
あー、あの前半の切ない物語はどこへ??
 
 
前半のリアルな追憶の物語、後半の冒険ファンタジー
どちらのテイストでもいいから
しっかりそろえてもらいたかったなぁ。
 
 
ora100106_12
実は私も「追憶のシーン」だけで満足してしまいました(笑)
(カールじいさんの空飛ぶ家公式HPより)

関連してるかもしれない記事

Pocket