お家まで700キロ。シェパードの長い旅

2010.01.29


 
ロッキーという名の犬の長い旅の物語です。
 
5年前、イタリア、カッラーラの街に住んでいる
シリア人ワールさんの家にシェパードの子犬が
もらわれてきました。
 
ワールさん家族はこの犬にロッキーと名付けます。
ロッキーはスクーターに乗るのが大好きだったとか。
 
そして3年前、家族で訪れたサレルノで
家族がトイレに行っているすきに
ロッキーは盗まれてしまいました。
 
その後、彼はサレルノで別の家族に飼われていたのですが
何度も脱走を試みて昨年の11月に脱走に成功。
 
 
海岸線を通って遠く北へ。
 
2ヶ月後、サレルノからローマも越えて、
600キロ離れたピサでロッキーは保護されました。
Google Mapで見るとこんな感じでしょうかねぇ。
 

 
彼の体は泥にまみれてやせ細り、
足にはたくさんの水ぶくれがあったとか。。
 
結局、足にいれてあった入れ墨から所有者が分り
無事ワールさんへ連絡がいったようです。
 
ピサから自宅までの100キロは
ワールさんと大好きなスクーターの旅でした。
 

無事に帰ってきたロッキー。(lifeinitaly 10.01.22)
 
帰巣本能とは言うけれど、3年も過ぎてるし、
いったいどうやって場所や方向が分るんでしょうかねぇ。

関連してるかもしれない記事

Pocket