MacBook Pro(Late 2007)でNVIDIA問題発生中

2009.02.26

ora090226_21
 
あれ?と思ったのはMacBook Pro(Late 2007)のOSを10.5.2にした時だから2008年の6月ぐらいだったかな。

普段、ノートパソコンを閉じて外部モニターとマウス、キーボードをつけて使ったりしている(リッドクローズと呼ばれている)のだけど、OSを10.5.2にしたときからスリープから復帰しなかったり、突然、画面が真っ黒になったりするようになった。これはOSを10.5.3にしても10.5.4にしても治らず、仕方がなく、10.5.1で使い続けていた。仕事で使っているのでなかなかGenius Bar(アップルの修理窓口)に持っていく余裕がなかったのです。
 
そんなわけでだましだまし使っていたらこのニュース
 

MacBook Pro:ビデオ画像が歪む、またはビデオが表示されない問題
アップルが調査したところ、NVIDIA GeForce 8600M GTグラフィックプロセッサを搭載した MacBook Pro コンピュータで問題が発生する可能性があることが判明しました。お使いの MacBook Pro に搭載されている NVIDIA グラフィックプロセッサに不具合が見られる場合、またはご購入いただいてから 2 年以内に不具合が発生した場合は、MacBook Pro の保証期間終了後も無償で修理いたします。

 
ああ、これかぁと思いつつも放置していたのですが、そろそろOS10.6の声も聞こえてきたし、ちょっと仕事も一段落のこの隙しかないと、今日Genius Barへ持ち込んでみました。
 
結果はビンゴ!
 
ろくにチェックもしないうちに「預かります」だそうです。こうなるだろうとバックアップは取ってあったのですが、渡してから何点か気になったところもあったので、ちょっとメモ。
 
 
パスワードは変更しておく
パソコンのパスワードを聞かれるので、よく使っているものなら前もって変えた方がいいかもしれません。
 
写真やメールは削除
気分の問題ですが、誰かに見られる可能性があると思っておいたほうがいいでしょう。
 
必要なソフトはアンインストール
ソフトによりますが、1台にしかインストールできないソフトもあります。修理している間に別のパソコンでそのソフトを使いたいなら、アンインストールしておくほうがよいでしょう。

理想は初期化
あとがめんどくさいけど、これが一番確実です。

関連してるかもしれない記事

Pocket