ポラロイドフィルムをめぐるニュース

2010.03.29

ポラロイドSX-70
 
フィルム生産終了のニュースから2年。

ついに今年はポラロイドフィルムが帰ってきます。
ということでここ最近のニュースをいくつか。
 
Impossible Projectからモノクロフィルム発売
ポラロイドフィルム PX100

米Imbossible Projectは22日、ポラロイドカメラ用のモノクロフィルム「PX100 Silver Shade」および「PX600 Silver Shade」を25日に発売すると発表した。価格はどちらも21ドル/18ユーロ。
(デジカメwatch10.03.25)

 
このImpossible Projectというのは
ポラロイドオランダ工場を買い取って
ポラロイドフィルムの再製造を行なうプロジェクト。
 
今回発売されたのは光沢仕上げのモノクロ8枚入りで、
対応カメラはSX-70、ポラロイド600。
夏にはカラーフィルムの発売も予定されていて
日本の店頭にも年内に並ぶ予定です。
 
待てない人はImpossible Projectの販売サイトで。
 
 
本家ポラロイドからもフィルム復活!?

「ポラロイド」(Polaroid)ブランドのインスタントカメラやフィルムが来年、復活する。写真関連製品を世界展開するサミットグローバルグループがこのほど、Polaroidブランドのライセンスを獲得。日本法人を設立し、国内市場向けにフィルムやカメラを販売する。
(ITmedia News 09.12.03)

 
モノクロをこの春に、カラーフィルムを秋以降に。
そしてSX-70の復刻版も発売予定だとか。
 
 
このプレス発表を実況していた津田大介のTwitter

高田「ここから具体的な製品発表。インスタントフィルムとカメラ商品ですが、2010年より随時発売していきます。まず春に白黒のフィルムを復活。その後Polaroid 1000は来夏復活させます。カラーフィルムは来秋以降になります」
(Twitter/津田大介09.12.02)

高田「あとは、名機と言われるSX-70というカメラがあるが、これも来年復活させたいと思っている」
(Twitter/津田大介09.12.02)

 
 
ポラロイドではプリンタ一体型デジカメも発売するようですが
ポラロイドといえばフィルムだと思います。

高田克之・執行役員リテール・法人ビジネス事業部長によれば、ユーザーや量販店が望んでいるのは、意外にも「フィルムのインスタントカメラ」なのだという。この要望に応えたフィルムのインスタントカメラは、今秋以降、満を持して投入する。ニッチな領域で存在感を示すことを目指す。
(BCN Bizline 10.03.08)

とのことなので期待したいですね。
 
 
これで久しぶりにSX-70が使えるなぁ。
楽しみにして待ちたいと思います。

関連してるかもしれない記事

Pocket