玉置浩二と石原真理子、結婚までのまとめ

2009.02.27

ora090227_51
 
報道を知ったのが25日の朝。こんな記事を書きました。

その後の報道合戦があまりにも加熱しすぎてついていけてませんでしたが、ちょっと落ち着いてきたのでまとめておきます。
 
 
最初に報道があった25日
玉置浩二&石原真理子 23年ぶり再会!即婚!!

今月14日のバレンタインデーに23年ぶりに再会。それからわずか11日後のこの日、都内の区役所に婚姻届を提出した。出会いから26年後のゴールインに石原は「すべてがあの頃のまま」と幸せいっぱいの表情。玉置は「マリを全力で守る」と力強く誓った。

お昼頃東京にやってきて、報道陣に見守られたまま、婚姻届を田園調布にある特別出張所で提出しています。

最後に、互いの小指のリングを合わせ「LOVE」の4文字を作ってみせる様子は確かに“あの頃”に戻ったような無邪気さ。「マリに会うまではジジイ化していた。またときめいた」。何度も見つめ合う2人だった。

この気恥ずかしさは同じ80年代を生きた者だからでしょうかねぇ(笑)
 
 
悲しみにさよなら…玉置&石原ラブラブ会見より抜粋

‐‐いつごろ、どちらから連絡を取ったのですか
 玉置 僕がちょっと体を悪くして。心配してくれて(石原が)連絡をくれたんです。
‐‐会ったのはいつ
 石原 2月14日です。
‐‐正式なプロポーズはしましたか
 玉置 僕がしました。あっ、僕を助けにきてくれたんだなと思ったんで。
‐‐今日もペアルックです。どちらの趣味ですか
 玉置 うれしさのあまり、僕が買いました。
‐‐指輪は?
 玉置 26日にできます。
‐‐披露宴の予定は
 玉置 ないです。2人で旅に出ようと思います。

 
このとき来ていた服は「スーパースポーツゼビオ」のオリジナルブランド「プリズマ」。セールで2980円のものだとか。
意外!?玉置&石原は庶民派新婚生活

まさかの電撃結婚で世間を驚かせた歌手・玉置浩二(50)と女優・石原真理子(45)の庶民派新婚生活が明らかになった。緊急会見した25日に着用していた色違いのペアルックのダウンジャケットが1着2990円だったことが判明。

さらにニトリで10本組199円のハンガーを買う姿なんかも目撃されています。経済状態が危ういのかというとそういうわけでもなく、単に質素なだけのようですね。
 
意外にリッチな「復縁夫婦」

玉置は作詞・作曲の印税収入があって05年発表の年収は7000万円を超えていた。また、石原は06年の暴露本の印税などが4000万円くらいあったそうだ。

買った物はは庶民的でも庶民の収入とはほど遠いですなぁ。
 
 
一夜明けて26日
玉置&石原、都内のホテルで缶詰状態

“電撃婚”から一夜明けた26日、歌手の玉置浩二(50)と晴れて妻になった女優の石原真理子(45)は都内のホテルで“缶詰め状態”。姿を現すことはなかった。

 
玉置&石原の“焼けぼっくい婚”不受理が濃厚?

25日に都内の区役所に提出した婚姻届が受理されなかったとの情報も浮上。書類に不備があったためとみられるが、関係者は「(事実かどうか)分かりません」と話している。

 
しばらくは都内にいるようですが、なぜに都内なんでしょうかねぇ。自宅周辺を荒らされるより、都内でホテルぐらしのほうが安心ってことでしょうか。それにしても再会して11日で婚姻届を提出というのは圧巻。報道が引き金だったんだんでしょうが、「会えない時間が愛育てるのさ」(by郷ひろみ)ってことだったんでしょうかねぇ。
 
とにもかくにもお幸せに。
 
 
 
おまけ(芸能人も祝福)
キム兄、玉置にメラッ「婚活ツアーにする」

「婚活ツアーにしたい。玉置さんが4度目なら負けとられるか!」と怪気炎。石原真理子(45)との結婚で4度目となった玉置浩二(50)に、同じく3度離婚した木村はライバル心をメラメラ燃やしていた。

 
森永卓郎「事前の宣伝活動みたい」

森永卓郎・獨協大学教授は頬杖をつきながら、コメントする。「それねえ、玉置さんが曲つけて売り出すんじゃないですか。事前の宣伝活動みたいね気がしますけどね」

 
土岐田麗子「毎日が勝負下着」

1982年に玉置が石原に真っ赤な下着をプレゼントしたエピソードについて聞かれると「ステキだと思います」と話し、2人の結婚を祝福した。

 
石田純一、再婚を示唆?

「すごく素敵」と祝福。さらに、自身の再婚について尋ねられると「季節的には夏くらいとか、イメージはある。お相手? なきにしもあらずかな」と不敵な笑みを浮かべた。

関連してるかもしれない記事

Pocket