テレビが大好きなアメリカ人

2009.02.27

テレビを一番長く見ているのは日本人というニュースが以前ありましたが、最近はアメリカ人もたくさん見ているようです。

テレビ視聴時間、月に151時間 上昇傾向続く米国

2008年10月から11月にかけて、米国人のテレビ視聴時間が1カ月あたり平均で151時間に伸びたことが、調査会社ニールセンが23日に発表した調査結果で明らかになった。テレビ視聴時間は年々、長くなる傾向にあり、前年同時期の145時間からも、大きく伸びた。

 
昨年の10月11月とのことですから、大統領選挙でのテレビ視聴だったり、景気後退で自宅で安く過ごすためだったりと要因は多そう。
 
平均すると1日あたり約5時間。あくまで平均ですから、長い人はもっと長いのでしょう。ちょっと古い情報ですが、2005年のフランス・カンヌで開催されているテレビ番組の見本市「MIPTV」で、世界で最もテレビ視聴時間が長い国民は日本人で、1日平均5時間という調査結果がありました。その時の2位がアメリカ人で4時間28分。世界平均は3時間ほど。

日本の最新の数字が分かりませんが、果たして現在の1位はどっちでしょうか。気になります。

関連してるかもしれない記事

Pocket