マクドナルドの秘密基地でハッピーセットの「i-Dog」と一足先に遊んできました

2010.04.12

i-Dog
 
息子をつれてマクドナルドのブロガーミーティングへ。

所在地は非公開で、ビル外観の撮影はしないでねと
釘をさされていたのでドキドキしながらたどり着くと
そこは普通のビル。
 
ただ、この中にはいろいろ秘密が詰まっているらしく、
前もってグーグルで調べた感じだと
ドライブスルーがついた店舗が再現されてたり、
新製品開発専用キッチンや食品衛生研究室があるとか。。
 
 
ビルに近づいていくと係の人がすーっとやってきて、
ビルの横のいかにも勝手口です的なドアから中へ。
そして何のポスターもない白い廊下を抜けると
 
やぁ。元気かい。
ドナルド・マクドナルド
とでも言いそうな感じで彼が待っていました。
 
 
その奥にはまさに店舗がそのまんま再現されていて、
マクドナルドなのに、お店の人が座席に案内してくれるという
奇妙な違和感を覚えつつテーブルへ。
 
テーブルにはもうi-Dogが6体おかれていて、
息子は見るなりもう夢中。
スイッチを探し当てるや説明書も読まずに
ずーっと触り続けてました。
 
 
今回のi-Dogは音に反応するタイプのブラックとブルー、
手のひらにのせると反応するホワイトとピンク、
光に反応するタイプのグリーンとレッドの3タイプ6種類。
i-Dog
(マクドナルドニュースリリース10.03.16)

 
息子のお気に入りはブラックのi-Dog。
i-Dog
手をたたく回数によって反応が変わるところや
QUIKSILVERのロゴがカッコイーとのこと。
 
息子的にはROXYのロゴは気持ち悪いらしく
ホワイトはデザイン的に却下されました(笑)
まあ女の子っぽいしね。
 
 
ハッピーセットの豆知識的なお話もいろいろ楽しくて
・こどもセットから今年で23年目になること。
・現在ハッピーセットは年間1億食。
・ターゲットは3歳~8歳(人口600万人)
・年17回のハッピーセットが1年前から企画されている。
・ハッピーセットでもちゃんと利益は出る
などなど興味深いものがいっぱいでした。
 
 
そして、いろいろお話を聞いた後は昼食タイム。
遅めの朝食だったのに息子はぺろっと自分の分を平らげて
私のトレイにあったナゲットとコーンまでぺろり。
 
 
その後のワークショップでは、
くしゃみをするとティッシュを持ってきてくれるとか
話しかけるとオウム返ししてくれるなど
新しいアクションのアイディアが続々。
 
個人的には、ハッピーセットについてるおもちゃって
息子の飽きが早いのが気になっていて
その辺を回避するような仕組みとか作れないのかなぁとか
ちょっと思ってみたりしていたのですが。。
わが家だとセンサー×音もののBEAT STARのエレキギターは
結構気に入ってるみたいなので、
そっち方面を伸ばすと面白いのかな。。とか思ったり。。
 
 
最後にはおみやげにi-Dog(なんと3体)をいただき、
息子はブラックを手に入れて大喜び。
 
自宅に帰ってから、手が真っ赤になるまで
ブラックの音センサーと戦いつづけておりました(笑)

関連してるかもしれない記事

Pocket