2015年、人型ロボ「まいど君(仮)」月面に立つ!

2010.04.28

セレーネB
 
時はまさに宇宙世紀。

昨年、小型人工衛星「まいど1号」の運用を終了した
東大阪宇宙開発協同組合(SOHLA)から
ドでかい構想が発表されました。

SOHLA は2010 年4 月に、「まいど1 号」の成果をロボット技術に活かし、2足歩行ロボットで月面に降り立ち、日本国旗を描き万歳をする。 そして、置き去りにせず地球帰還を果たしてもらいたいと夢のようなことを考えて“東大阪発宇宙へ”再び挑戦することにしました。
(SOHLAニュースリリース 10.04.27)

 
どうやら現在JAXAが計画中の
「セレーネB」もしくは「かぐや2」として計画されている
月着陸探査機に載せてもらおうということのようです。
(トップ画像はセレーネB計画公式パンフレットより)
 
ロボットにはまいど1号で得た放射線対策や放熱技術を使い、
人間より小さなサイズになりそうだとのこと。
それにしても二足歩行で、なおかつ地球へ帰ってくるとは
なんともハードルの高い設定ですねぇ。
 

吉田則之副理事長は「ロマンと情熱を注げるので人型ロボットにこだわった。技術面でのハードルは高いが日本を元気にする意味でもがんばりたい」と話した。
(共同ニュース10.04.27)

 
 
まいど君
こんなイメージも合わせて発表されていました。
 
ここは是非日本が世界に誇るジャパニメーションの
ロボットクリエイターの力を借りて、
かっこいいヤツを月面に送り込んでほしいと思います。
 
いや、ハッピにハチマキでもいいですけどね(笑)

関連してるかもしれない記事

Pocket